ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーを導入するメリット、またデメリットは何でしょうか?わざわざウォーターサーバーをレンタルしなくても、ミネラルウォーターを買って飲んだ方が安いのではないか?ウォーターサーバーの方が費用面で高いのではないか?など、使い勝手で便利な点や費用面など、メリット、デメリットを解説します。

ウォーターサーバーのメリット

冷水、温水がいつでも飲める

冷水、温水レバーウォーターサーバーを使っていて最も便利だなと感じるメリットは、冷水、温水がいつでも使える点ではないでしょうか。レバーをひねればも冷たい水や温かい温水をいつでも飲むことが出来ます。冷水、温水をそのまま飲む以外にも、冷水であればカルピスや水割りなどにも使えますし、温水であれば、コーヒーやお茶、カップスープなどに使えるので、わざわざお湯を沸かす必要もありません。

重い水を運ぶ必要がない

スーパーなどで売られているミネラルウォーターのペットボトルは大きい容器で2Lです。2L程度だと2~3日でなくなってしまう為、頻繁に重たい水を買って持ち運ばなければなりませんが、ウォーターサーバーのお水は宅配で届けられるため、重たい水を家まで運ぶ必要がありません。実際に使っていて、お水が無くなってきたから買いに行かなきゃと思うことがなくなりましたし、家まで運ぶ手間がなくなったのはメリットに感じます。

ペットボトルに比べてゴミが少ない

ペットボトルゴミウォーターサーバーのお水は大半が12Lのボトル、または7Lのビニールパックなど大容量の容器を利用している為、ペットボトルに比べてゴミが少なくて済む点はメリットと言えます。ウォーターサーバーの宅配方法は、リターナブル方式とワンウェイ方式の2つがありますが、リターナブル方式であれば、ボトルを回収してくれますし、ワンウェイの場合も前述の通り大容量の容器なのでゴミを出す頻度も少なくて済みます。

災害時の備蓄水として使える

ウォーターボトル地震などの自然災害により水道が止まってしまってもウォーターサーバーのお水は備蓄水として利用することが出来ます。震災に備えて震災グッズや保存食などを備えている方も多いかと思いますが、ウォーサーバーはお水をボトルでストックしておけるで、震災時にも役立ちます。

ウォーターサーバーのデメリット

レンタル代や契約期間

ウォーターサーバーのレンタルには契約期間があります。また、ウォーターサーバー会社によってはサーバーのレンタル代有料という会社もあります。無料でレンタルできる場合が多いですが、ほとんどは契約期間が設けられていて、契約期間内での解約には解約金や撤去手数料などがかかります。定められた契約期間以上利用するのであれば問題ありませんが、契約期間、解約金なども考慮して費用を考えてみてください。

格安ミネラルウォーターに比べると高い

ウォーターサーバーのお水は格安のミネラルウォーターに比べてると高くつきます。ウォーターサーバーのお水は、天然水で120~150円/Lという価格帯になっています。コンビニなどで購入する500mlのミネラルウォーターは100円前後の価格帯なので、500mlペットボトルに比べると安いですが、量販店などで売られている2Lで100円前後の格安ミネラルウォーターに比べると高くつきます。

ケース別にみるメリット・デメリット

会社オフィスでの利用

会社のオフィスでの導入を考えられている方も多いのではないでしょうか。法人利用であれば、福利厚生の一環として経費で利用出来ますし、また働く環境としてミネラルウォーターがいつでも飲めて、コーヒーなども手軽に入れることができるのは、仕事の効率、働きやすい環境を整えるという意味ではメリットが大きいのではないでしょうか。

一人暮らしでの利用

一人暮らしでミネラルウォーターを頻繁に買って飲んでいる方は、ウォーターサーバーをレンタルしようかどうか迷っているのではないでしょうか。一人暮らしであれば、それ程お水の消費量も多くない為、量販店などで格安のミネラルウォーターを買って飲んでいた方が安く済むかもしれません。ただ、家でコーヒーを飲んだり、カップラーメンを作ったりすることが多いのであれば、一人暮らしにとっては非常に便利なツールです。格安ミネラルウォーターを買うのに比べると費用はかかりますが、暮らしが便利になるメリットはあります。