ウォーターサーバーの種類(お水、サーバー)

ウォーターサーバー各社毎にお水の種類、サーバー本体の種類やレンタルシステムなどが異なり、使う方の用途や好みに合わせて、お水は天然水、ROろ過水、サーバー本体はエコ機能付き、卓上型、床置き型、デザイナータイプ、コラボタイプ、その他オリジナル機能が付いたものなど様々な種類があります。また、レンタルシステムについてもお水の定期配送やお水が無くなったら注文するシステムの2種類があります。ウォーターサーバーにはどんな種類やタイプがあるのか紹介致します。


お水の種類

ウォーターサーバーで提供されているお水には、大きく分けて天然水とROろ過水の2種類があります。天然水を提供しているウォーターサーバー会社が大半を占めますが、ミネラル分を含まない水を利用したいなど、用途に合わせて選べるようにROろ過などを扱っているウォーターサーバー会社もあります。天然水とROろ過水の違いについて解説します。

天然水

天然水とは、ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない特定の地下水を原水として、人工的な加工を行わなっていないお水のことです。ウォーターサーバー会社で提供する天然水は、自然から汲み上げた水を安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌等の処理を行い不純物を排除してそのままの状態でお届けするため、採水地によって含まれるミネラル成分が異なり、それぞれ独自の風味を楽しむことができます。高い品質管理と採水技術が必要となるため、値段はやや高めになりますが、豊富な天然ミネラル分を摂取できるとあって、多くの方に支持されているお水です。
天然水ウォーターサーバー一覧

ROろ過水

ROろ過水とは、簡単に言えば水道水などのお水の不純物をできる限り除去して作られた人工水のことで、RO(Reverse Osmosis)膜(0.0001ミクロンの超微細孔のフィルター)を通して不純物を除去し製造されたお水です。RO膜はミネラル分まで取り除いてしまう為、ウォーターサーバー会社によっては、ROろ過した後に、ミネラル分を添加して独自の水を作り出している場合もあります。デザインウォーターやピュアウォーターとも呼ばれ、人工的に作ることができるため比較的安価なのが特徴です。
ROろ過水のウォーターサーバー一覧


ウォーターサーバー本体の種類

ウォーターサーバーの機種には様々な機能があり、ユーザーの好みや用途に合わせて様々な種類に分かれています。設置場所に応じた形状や、インテリアとして部屋にマッチさせたい方向けのデザイナーズタイプ、電気代を節約するタイプなど様々な種類に分かれますので、それぞれ解説致します。

床置き型・卓上型

床置き・卓上ウォーターサーバーの筐体には床置きタイプと卓上タイプの2つの種類があります。文字通り床に直に置いて使うタイプと、テーブルの上に置いて使うタイプのサーバーで、部屋に置けるスペースがあるか、またはテーブルに置くスペースがあるかなど居住空間を考慮して選ぶことが出来ます。床置きタイプは高さ1m以上のものがほとんどで、タンクの容量も大きい為、家族数人で使うのに便利ですが、一人暮らしで利用する量も少ないような場合は卓上タイプがおすすめと言えます。


ボトル下置きと上載せ型

ウォーターサーバーにはウォーターボトルを上に載せる機種と下置きで足元でボトル交換ができるタイプの2機種があります。大半のウォーターサーバー機種は水ボトルを上に載せるタイプとなっていますが、床置きのウォーターサーバーは100cm~130cmの高さである為、上に載せるタイプだと重たいボトルを持ちあげる必要がありお水の交換が大変です。力の弱い女性や子供、ご年配の方にとっては交換するのも一苦労となってしまいます。そういった交換時の大変さを考慮して、最近ではボトル下置きの足元交換が採用されたタイプの機種が発売されています。下置きの足元交換のウォーターサーバーならば力のない女性や年配者でも交換が楽に行えます。

省エネタイプ

ウォーターサーバーは機種によって性能が異なりますが、特に気にしたいのが電気代です。ウォーターサーバーって意外と電気代がかかり、省エネ機能のないタイプのものは月額1,000円程の電気代がかかってきます。単純にお水代やレンタル代などでコストを考えてしまいますが、電気代も合わせて検討するとトータルでのコストが違ってきます。
まずチェックしたいのはエコモードがついているかどうかで、例えば就寝している夜中などはウォーターサーバーを使わないので、エコモードにしておけば温水機能などがオフ状態になり電気代をかなり節約することが出来ます。エコモードを使用した場合の電気代は300円台~500円程度です。
また、エコモードは切替が必要である為、就寝前や外出前に切替を行うなど意外と手間がかかったりしますが、部屋の明るさに応じて自動でスリープモードに切り替わるなどの高機能なサーバーもあります。

デザイナーズタイプ

飾り気のない業務用で使うようなウォーターサーバーが多いですが、スタイリッシュにデザインされたデザイナーズのウォーターサーバーもあります。有名なのがamadanaとのコラボによりデザインされたサーバーなどで、部屋のインテリアに合わせて選ぶことも出来ます。
デザイナーズのウォーターサーバー一覧

コラボタイプ

アニメキャラクターなどとコラボしたものもあり、人気アニメのワンピースや進撃の巨人などのデザインがほどこされたウォーターサーバーはファンや子供のいる家庭などでは楽しんで使えると思います。
コラボタイのウォーターサーバー一覧

その他オリジナル機能型

ちょっと変わったオリジナル機能がついているウォーターサーバーもあり、炭酸水が作れるサーバーや、ロボット掃除機がついているサーバー、紫外線で除菌する機能がついているサーバー、追加機能で水素水が作れるサーバーなど差別化を図ったものもあります。


レンタルシステムの種類(ノルマあり、なし)

ウォーターサーバーのシステムとして、お水の定期購入(ノルマあり)でサーバーレンタル料無料というシステムと、定期配送なし(ノルマなし)で、サーバーレンタル代が有料という2つの仕組みが主流となっています。

お水の定期配送(ノルマあり)

大半のウォーターサーバーのレンタルシステムには「ノルマ」と呼ばれる毎月最低注文しなければならない水ボトルの本数があります。ノルマのあるウォーターサーバーでは、申し込み時に定期配送のお届けサイクルとお水の本数を選択する必要があり、お届けサイクルは1週間~1ヶ月くらいの間隔で、どれくらいの間隔でお水を何本届けてもらうかは申し込み時に選ばなければなりません。

都度注文(ノルマなし)

一部のウォーターサーバーでは、お水が無くなったら注文するシステムの「ノルマなし」の会社があります。ノルマなしのウォーターサーバーは水ボトルの定期配送ではなく、毎月必要な分だけ注文して配送してもらうシステムになっており、ノルマがある場合はサーバーのレンタル代無料としている会社が多いですが、ノルマなしの場合は大半がレンタル代は有料となっていることが多いです。


  1. ホーム
  2. ウォーターサーバーの選び方
  3. ウォーターサーバーの種類