ウォーターサーバーのボトル回収、交換方法

ウォーターサーバーのボトルの回収方法には、リターナブル方式(再利用)とワンウェイ方式(使い切り)の2つがあります。リターナブル方式では追加ボトルのお届け時に容器の回収を行うので、空になったボトルを家で保管しておく必要があります。ワンウェイ方式は空になったボトルはそのまま廃棄するので、保管の必要はないですが、ゴミとして廃棄することになるので手間がかかります。

リターナブル方式(ガロンボトル)

ガロンボトルリタ―バブル方式で使われる容器は、通常ガロンボトルと呼ばれる頑丈なタイプのボトルで、追加ボトルのお届け時に使い終わって空いたボトルを無料で回収し、洗浄・殺菌され再利用されます。ガロンボトルの素材には、一般的にポリカーボネートが使用されており、硬くて衝撃に強く、変形しにくい、高温・低温に強いという特徴があります。ボトルの容量は通常12Lなので、保管するスペースが必要です。重ね置きできるように、発砲スチロールで出来た重ねる為の台や、ラックなどを無料貸し出ししています。使い終わったボトルは回収してもらうまで家で保管しておく必要がある為、使い終わっても保管場所が必要です。


ワンウェイ方式(収縮ボトル)

ガロンボトルワンウェイ方式で使われる収縮ボトルは、PET樹脂などの柔らかい素材でできており、水を消費するごとに容器が収縮することが特徴です。受け取りのみで回収の必要がないことから「ワンウェイ方式」とも呼ばれ、飲み終わったあとは家庭ごみとして処分できるため保管スペースの心配がないメリットがあります。極力空気に触れない仕組みのため、新鮮な状態を保ちやすく、常に新品のボトルを使用するため、衛生面で安心です。使用後のボトルは潰して資源ゴミとして処分できます。
また、ビニールパックを水容器として利用するウォーターサーバーも多くなっており、ビニールなのでゴミの量も少なく、廃棄するのも手軽で非常に便利です。