ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組みはどうなっているのでしょうか?ウォーターサーバーはボトルをセットすれば、冷水、温水がいつでも快適に出して飲むことができる家電で、冷水、温水以外にも、子供が間違って温水でやけどをしない様なチャイルドロック機能、電気代を節約するエコモード機能など、機種によって様々な機能が付いています。その基本的な仕組みについて解説致します。

冷水と温水がいつでも出せる仕組み

冷水、温水レバーウォーサーバーは冷水と温水がいつでも快適に出せるようになっていますが、その仕組みはどうなっているのでしょうか?冷水用と温水用のタンクが分かれており、セットしたウォーターボトルからの水をそれぞれの温水タンクで温め、冷水タンクで冷やして、一定の温度に保つ仕組みとなっています。冷水を使用する頻度が多い為に、ほとんどの機種では冷水タンクの方が容量は大きくなっています。

エコモードの仕組み

ウォーターサーバーには電気代を節約することができるエコモードという機能がついている機種があります。ウォーターサーバーには温水、冷水機能が標準敵に付いていますが、温水機能は非常に電気代を使います。その為、常に温水機能が動いていると電気代が高くなってしまいます。エコモード機能はこの温水機能を弱めてくれる機能で、ウォーターサーバーを使わない就寝時や外出時にエコモードに設定しておくと、最も電気代のかかる温水機能を弱めるので、ウォーターサーバーの電気代を節約することが出来ます。

チャイルドロックの仕組み

小さな子供がいる家庭では子供が勝手に温水を出して火傷したりしないように、ほとんどの機種にはチャイルドロックという機能が付いています。ロックされている状態ではお湯を出そうとレバーをひねったり、ボタンを押したりしてもお湯が出てこない仕組みになっています。サーバー種類によってチャイルドロックの仕組みが異なりますが、最も多いのがボタンを押しながらレバーを押すという二段階操作です。また、温水ボタンにカバーがついているものや、電子制御などの仕組みの機種もあります。

クリーン機能

長い期間利用していると雑菌が繁殖してくる可能性がある為、雑菌を繁殖させない様々な仕組みが取り入れられています。蛇口やタンク内など定期的に手動でメンテナンスする必要がありますが、更に快適に衛生的にウォーターサーバーが利用できるように、サーバー内の温水を定期的に循環させることでタンク内を熱殺菌する仕組みの加熱クリーン機能、冷水・温水タンクから水を出す時に取り込まれる外気をクリーンにするエアクリーン機能、UV除菌機能など様々なクリーン機能が開発されています。