ハミングウォーター(flows)の口コミ・レビュー

flows(フローズ)ハミングウォーターの体験イベントで実際に使用してみました。スタッフの方にも色々とお話を伺い、お水の味や、使用感、全体的に受けた印象などを口コミ致します。ハミングウォーターの全体的な印象としては、「スタイリッシュで操作しやすいウォーターサーバー」という感想です。


ハミングウォーターのお水の味

flows(フローズ)ハミングウォーター「flows(フローズ)」で浄水したお水を飲ませて頂きました。浄水フィルターは、高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過)のろ過方式で、ミネラルを残したまま、水道水に含まれる不純物を除去したお水です。
冷水を飲ませて頂いたのですが、水道水の塩素っぽさや臭いも全くなく、まろやかなミネラルウォーターの味という印象で、口当たりの良さを感じました。私は普段ROろ過水(ミネラルウォーターも除去したピュアウォーター)を飲んでいるので、ROろ過水に比べると少しすっきり感が足りない印象でしたが、市販のミネラルウォーターと変らないまろやかさがあります。


シンプルな操作ボタン

ハミングウォーター「flows(フローズ)」の操作ボタンハミングウォーター「flows(フローズ)」の操作ボタン温水オフ
操作ボタンは、電源、冷水、温水、常温水、エコボタンの5つだけです。非常にシンプルでの3つの温度帯のお水が使えるようになっています。flows(フローズ)の筐体の内部に3種類のタンクが内蔵されていて、用途に合わせて温度が選べるようになっています。
電源を3秒長押しすると電源のランプが点滅し、水道水をろ過し始めます。電源を入れてから浄水するまでの目安は、常温が約10分、温水約30分、冷水約60分とのこと。ろ過されたお水がタンクに溜まるとランプが点灯して使えるようになります。安全の為か、30秒使わないでいると、温水のランプが消えて温水にロックがかかるようになっています。赤ちゃんがいる家庭などを考慮して、自動でチャイルドロックがかかる仕組みとなっているようです。温水ボタンを3秒長押しすれば使えるようになります。
また、温度が低いと感じたときには、温水ボタンにロックがかかっている状態で温水ボタンを3秒長押しすれば再加熱してくれます。

給水タンクは取り外し可能

ハミングウォーター「flows(フローズ)」の給水タンクハミングウォーターのflows(フローズ)は、タンク給水型の機種なので、お水をタンクに給水する必要があります。サーバーの上部に給水タンクが設置されており、上から水道水を注いで入れるようになっています。タンクは取り外しが出来るので、取り外してそのまま水道の蛇口から水を入れることも出来ます。給水タンクに満杯まで入れると漏れてしまう為、8割程度水を入れます。8割程度で約4L入ります。この給水タンクの水が浄水され、冷水、温水、常温水それぞれのタンクに溜まる様になっています。冷水1.5L、温水1.3L、常温水1.1Lのタンクなので、給水タンクと合わせると、合計で7.9Lのお水をストックしておくことが出来ます。
一般的な宅配タイプのウォーターサーバーと比べると、重たい水を持ち上げてセットすることもないので、給水が非常に楽に出来るのが良いですね。

スタイリッシュなデザイン

flows(フローズ)のデザインハミングウォーター「flows(フローズ)」はスタイリッシュでシンプルなデザインです。曲線のフォルムと、操作ボタンや、トレイ、タンクに至るまで配慮されたデザインとなっています。色がホワイトなので、見た感じは白物家電的な印象を受けます。キッチンが最もマッチしやすい質感ですが、デザインがシンプルなので、比較的どんなテイストのインテリアにも合わせやすいデザインとなっています。
横幅が非常にスリム(幅26㎝)で、キッチンなどに置いても場所を取らないサイズになっています。給水口の下にあるトレイ部分は手前に引き出せるようになっており、鍋やヤカンなど大きな容器を乗せて給水することが出来るようになっています。キッチンに置いても使い易いと感じました。



公式サイト

ハミングウォーターの詳細はこちら