水道水ウォーターサーバーとボトル宅配水との違い

水道水利用タイプと宅配水タイプとではどの様な点で違いがあるのでしょうか?初期費用や毎月の費用などの面から解説します。

サーバーの設置工事と初期費用

水道直結は設置に工事が必要

水道管水道水ウォーターサーバーとボトル宅配水タイプの違いは初期費用がかかるかどうかです。宅配水タイプのウォーターサーバーの場合は、まれに配送費や設置費が掛かる場合がありますが、基本的に初期費用や工事費用はかかりません。水道水を浄水して使用するウォーターサーバーにはタンク補充型と水道直結型の2つのタイプがあり、それぞれ初期にかかる作業と費用が違います。タンク補充型は取り外しができるタンクに水道水を入れて使用する為、工事などは必要ありませんが、水道直結の場合は、水道の配管に分岐器具を取り付けるなどの工事が必要で、その為初期費用が発生します。また、工事費以外にウォーターサーバー本体の発送費などの初期費用がかかる場合が大半となっています。

水道水ウォーターサーバーとボトル宅配水の月額費用の違い

月24L以上飲めば水道水使用の方が安い

水道水ウォーターサーバーとボトル宅配水の月額費用を比べた場合、どれくらいの違いがあるのでしょうか?水道水使用タイプとウォーターボトル宅配水タイプの毎月の料金を比較する場合、お水代とレンタル代の両方で考える必要があります。宅配水タイプはウォーターボトルを注文する毎に料金が発生しますが、水道水ウォーターサーバーの場合はお水代は水道代のみですが、その分、サーバーのレンタル代が宅配タイプに比べて月3,000円~3,500円程度と高く設定されています(宅配水タイプはレンタル代無料、または1,000円程度)。
宅配水のウォーターボトルの価格は、天然水で1,800円前後(12L)なので、サーバーレンタル代無料の天然水であれば、月に2本(24L)飲んだ場合に3,600円と、宅配水タイプの方が費用が高くつくという計算になります。ただし、ROろ過水であれば、1,000円~1,200円/12Lという価格帯なので、月に飲む量が2本(24L)以下であれば水道水ウォーターサーバーよりも安くなります。水道水ウォーターサーバーは飲む量が多いほど、宅配水よりもお得になると言えます。但し、天然水に含まれるミネラル分や、天然水独特の口当たりを楽しみたいという方であればお好みのお水を選ばれた方がいいでしょう。

宅配水は天然水の味が楽しめる

天然水にはそれぞれ独自のミネラルが含まれる

宅配水はそれぞれウォーターサーバー会社毎に取り扱う天然水が違います。含まれるミネラル成分も異なる為、選択するお水によって口当たりや味が異なります。例えば、富士山を採水地とするお水にのみ含まれるバナジウムや、話題になっているシリカなど、その他のミネラル分も各社毎に天然水の採水地が異なる為、それぞれ異なっています。人それぞれの好みは異なりますが、天然水の味や口当たりを楽しみたい方には宅配水タイプのウォーターサーバーがおすすめです。
水道水ウォーターサーバーは、水道水に含まれるミネラル分は残して不純物のみを取り除く為、普段飲んでいる水道水を更に美味しくする為に利用するには良いかと思います。

水道水をろ過するカートリッジの交換が必要

半年から1年に一度交換が必要

水道水ウォーターサーバーの場合、水道水をフィルターに通してろ過しておいしい水に浄水する為、定期的にカートリッジ交換が必要です。大半はレンタル代にカートリッジ交換費用が含まれている為、別途費用はかかりませんが、半年~1年に一度カートリッジ交換を行わなければなりません。宅配水タイプのウォーターサーバーの場合は元々浄水されたミネラルウォーターやROろ過水が宅配される為、カートリッジの交換はありません。

  1. ホーム
  2. 水道水ウォーターサーバー
  3. ボトル宅配水との違い