水道水ウォーターサーバーのメリットとデメリット

毎月定額で使い放題の水道水ウォーターサーバーですが、宅配水タイプと比べてメリット、デメリットはどんな点があるのか?また、水道水補充型、水道直結型などタイプ毎によるメリット、デメリットはどんな点なのかを解説致します。

水道水ウォーターサーバーのメリット

定額で飲み放題

水道水ウォーターサーバーの一番のメリットは、水道水を浄水して使う為、毎月かかる費用はサーバーのレンタル代と水道代だけで、ミネラルウォーターが定額で飲み放題である点です。
宅配水のウォーターボトルの価格は、天然水で1,800円前後(12L)なので、サーバーレンタル代無料の天然水であれば、月に2本(24L)飲んだ場合に3,600円となります。その為、毎月24L以上飲んでレンタル月額料金が3,600円以下の水道水ウォーターサーバーであれば、宅配水よりもコスパは安いといえます。水道水使用タイプのウォーターサーバーは定額で飲み放題なので、毎月24L以上使うのであればメリットが出てきます。特に飲むだけでなく料理にも使うなど広い用途で使用したり、複数人で使うのであれば費用面では安くなります。

ウォーターボトルの交換が不要

水道水を浄水して利用する為、宅配水の様に重たいボトルを持ち上げて交換する必要がありません。水道水補充型はタンクを取り外して水道を補充する形態ですが、水道直結型であれば水道の配管から直接お水が供給される為、常にお水が補充されます。配管に分岐器具を取り付けてウォーターサーバーへお水を供給する為、普通に水道も使えます。

ウォーターボトルの保管場所がいらない

宅配水タイプのウォーターサーバーの場合、ウォーターボトルがまとまった形で届くためボトルを保管しておく必要があります。その為置き場所を確保しなければならず、キッチンのスペースなどに置くのであれば意外とスペースを取ってしまいます。水道水ウォーターサーバーは水道水を利用する為、予備のボトルを保管しておく必要がありません。

容器などのゴミが出ない

ワンウェイ方式の宅配水のウォーターサーバーの場合、容器をゴミとして廃棄しなければなりませんが、水道水の場合はゴミが出ません。宅配水の容器はペット樹脂ボトルやビニールパックなどが使用されているので、一般ゴミとして処理できますが、ゴミとして保管する必要もありますし、容器を潰す手間もかかります。

水道直結型のメリット

水道直結型は水道の配管に専用の分岐器具を取り付けてウォーターサーバーに水道水を配水するので、自分でお水を入れる必要がないというメリットがあります。タンクに水道水を貯めるタイプの機種は、タンクの水が無くなったら供給しなければなりませんが、水道直結型であれば常に水道水が補充されるので、お水を供給する手間がかからずいつでも浄水された水が飲めます。

タンク補充型のメリット

補充型のメリットは置き場所を選ばないということ。水道が近くにあるなし、関係なしに設置できるので、リビングや寝室など自由に設置することが出来ます。


水道水ウォーターサーバーのデメリット

災害時に使えない場合も

ウォーターサーバーが注目された一つとして、震災の時に水道が使えなくなったという点があります。水道水ウォーターサーバーのデメリットは、震災などの災害時に水道が止まってしまえば使えなくなってしまうという点です。もちろん宅配水タイプであっても、ボトルのストックがなければお水が利用できなくなってしまいますが、震災時にもお水の宅配に対応しているウォーターサーバー会社も多い為、宅配水タイプの方が震災時に強いといえます。

フィルターの交換が必要

お水を浄水する為のフィルターの交換を定期的に行う手間がかかります。交換期間は水道水ウォーターサーバー機種によっても異なりますが、数ヶ月~1年程でフィルターを交換する必要があります。フィルター代はレンタル料金に含まれていますが、交換自体はご自身で行う必要があります。

水道直結型は水道の近くに置く必要がある

水道直結型のデメリットとしては、蛇口の近くに置く必要がある為、置き場所が限られてしまうという点です。キッチンのレイアウトを変える様な場合でもウォーターサーバーの配置を優先しないけないといけません。水道から10m程度の距離であれば給水用のパイプを使って利用することも可能ですが、部屋の中にパイプを通す必要があるので、部屋のレイアウトによってはパイプを通せない場合もあります。
水道水補充型であればタンクに自分でお水を入れるタイプなので、水道の近くに置く必要はありません。

利用量が少ない世帯には割高

毎月定額でそれ以上の費用はかかりませんが、宅配水タイプのウォーターサーバーと比べた時に毎月の利用量が24L以下であれば、むしろ割高になってしまう場合もあります。一人暮らしや自宅を留守にしていることが多く、毎月の消費量が少ないような場合は事前にどちらがお得か確認してみて下さい。

水道直結型のデメリット

水道直結型の場合は工事が必要

水道直結型は水道の配管に専用の分岐器具を取り付ける工事を行う必要がある為、導入には初期工事が必要です。工事費用がかからない場合もありますが、大半は初期費用がかかる会社が多いです。

初期費用がかかる場合も

直結型は水道の配管に専用の分岐器具を取り付ける工事を行う必要がある為、導入には初期工事が必要であり、その為、初期費用がかかる場合があります。また、タンク補充型であっても初期出荷手数料として出荷時に費用がかかる場合もあります。

設置できる住所エリア

水道直結型は水道の配管に専用の分岐器具を取り付ける工事を行う必要がある為、導入には初期工事が必要であり、その為、初期費用がかかる場合があります。また、タンク補充型であっても初期出荷手数料として出荷時に費用がかかる場合もあります。

タンク補充型のデメリット

水道直結型の様に常に水道水が供給される訳ではないため、お水がなくなったら補充しなければならない手間がかかる点はデメリットです。

  1. ホーム
  2. 水道水ウォーターサーバー
  3. メリット、デメリット