水道直結型ウォーターサーバーのランキング

水道直結型ウォーターサーバーを、初期費用、レンタル料金、サーバー種類、メンテナンス対応、契約面の5つの基準で独自評価によりランキングしています。各社毎にそれぞれメリット、デメリットがあるので、水道直結型のウォーターサーバー選びの参考にお役立て下さい。


ランキングNo.1

ウォータースタンド
ウォータースタンド

ウォータースタンドは、初期費用無料と導入しやすく、水道直結型ウォーターサーバーの種類も8機種と他社よりも群を抜いてバリエーションが豊富です。メンテナンスもフィルター交換、訪問メンテナンス、サーバー交換などもレンタル料に含んでおり、また1年以上レンタルすれば解約金なしなど、全体的に評価が高く、水道直結型ウォーターサーバーを提供する会社としてランキング1位となりました。


総合評価:4.6/5段階中

ウォータースタンドの詳細はこちら


ランキングNo.2

Raku MIzu(楽水ウォーターサーバー)
Raku MIzu(楽水ウォーターサーバー)

Raku MIzu(楽水ウォーターサーバー)は、水道直結型ウォーターサーバーはダイオーズと同じピュレストを扱っていますが、契約面で解約金が高い点などがマイナスとなり、評価は4.3でランキング2位となっています。


総合評価:4.3/5段階中

Raku MIzu(楽水ウォーターサーバー)の詳細はこちら


ランキングNo.3

ダイオーズ
ダイオーズ

ダイオーズは、月のレンタル料が、UFろ過の場合2980円(税別)、ROろ過の場合3980円(税別)と水道直結型ウォーターサーバーの中では最も安く、また、初期費用が1万円と他社よりも安く、サーバーも床置きと卓上から選べる点や、メンテナンス、契約面などでも平均以上の評価で、ランキング3位となりました。


総合評価:4.2/5段階中

ダイオーズの詳細はこちら



ランキングの評価基準

水道直結型ウォーターサーバーのランキングを算出するにあたって、初期費用、レンタル料、サーバー種類、メンテナンス、契約面の5つの評価基準を設けて、総合点によりランキングしています。あくまでも総合点でのランキングになりますので、水道直結型ウォーターサーバーを選ぶ際の一つの指標としてお役立て頂ければと思います。各社毎にメリットデメリットがありますので、好みに合わせてお選び頂ければと思います。

初期費用の評価基準

水道直結型ウォーターサーバーは、水道に分岐器具を取り付けるなどの工事が発生する為、初期費用がかかる会社がほとんどです。かかる初期費用やセルフで取り付けると費用が安くなるなどの条件の多さなどから評価しています。

レンタル料金

水道直結型ウォーターサーバーは、UFろ過、ROろ過などろ過方式の違いによってレンタル料金が異なります。同じろ過方式で各社のレンタル料金を比較してランキング評価しています。

水道直結型ウォーターサーバーの種類

各社毎にレンタル可能な水道直結型ウォーターサーバーの種類が異なります。選べるタイプのバリエーションの豊富さを各社毎に比較して評価基準を算出しています。

メンテナンス

カートリッジ交換が含まれているか、有人メンテナンスが行われるのか、またサーバー自体に自動洗浄機能が付いているかなどの点を考慮して評価しています。

契約面

契約内容は各社毎に大きく異なります。契約期間の長さや、解約金の金額などを各社毎に比較して契約面での評価基準を算出しています。