エブリィフレシャスバナー

エブリィフレシャスとウォータースタンドの比較

水道水を浄水するウォーターサーバーのエブリィフレシャスminiとウォータースタンドを比較してみました。ウォータスタンドには多様な機種がある為、最も比較対象となりそうな卓上型の「ナノシリーズ ネオ」と比較しています。料金やレンタルシステムの違い、サーバー性能の違いなどをまとめています。

<比較表>

項目 エブリィフレシャス ウォータースタンド
サーバー エブリィフレシャス
エブリィフレシャスmini
ナノラピア ネオ
ナノシリーズ ネオ
初期費用 無料 9,900円(税込)
レンタル月額 3,300円(税込) 3,850円(税込)
タイプ 卓上型 卓上型
給水方式 タンク補充型 水道直結型
浄水フィルター 不織布、活性炭、中空糸膜、ATS (鉛除去材) 静電吸着式フィルター+活性炭
浄水能力 除去物質数:23種類
・遊離残留塩素
・総トリハロメタン
・カビ臭(2-MIB)
・農薬(CAT)
・濁り
・テトラクロロエチレン
・クロロホルム
・1,1,1-トリクロロエタン
・ブロモジクロロメタン
・ブロモホルム
・溶解性鉛
・トリクロロエチレン
・ジブロモクロロメタン
・水銀
・アルミ
・鉄
・PFOS・PFOA(有機フッ素化合物)
・シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
・ベンゼン
・陰イオン界面活性剤
・フェノール類
・ジェオスミン
・四塩化炭素
除去物質数:法定12項目 + 5項目
浄水器協会自主規格基準に基づく除去対象物質:3項目
・遊離残留塩素
・総トリハロメタン
・クロロホルム
・2-MIB(2-メチルイソボルネオール)
・ブロモジクロロメタン
・CAT(2-クロロ-4,6-ビスエチルアミノ-1,3,5-トリアジン)
・ブロモホルム
・溶解性鉛
・トリクロロエチレン
・ジブロモクロロメタン
・テトラクロロエチレン
・濁度
・陰イオン界面活性剤
・ジェオスミン
・フェノール類
・1,2-DCE(シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン)
・ベンゼン
・アルミニウム(中性)
・鉄(微粒子状)
・四塩化炭素
温度仕様 冷水:5~10℃(ECO使用時:約10~15℃)、温水:80~85℃(ECO使用時:約70~75℃) 常温水、冷水5.5℃~7.3℃、温水93℃~85℃
タンク容量 冷水:0.8L/温水:0.9L
※貯水タンク3.3L
常温水2.5L、冷水2.5L、温水1.0L(合計6.0L)
カートリッジ交換 6ヶ月に1回(セルフでの交換)
※費用はレンタル代に含む
6ヶ月に1回(スタッフによるフィルター交換あり)
※費用はレンタル代に含む
衛生面 タンク内にUV-LED(紫外線)ランプ設置 6ヶ月に1度、専門スタッフがメンテナンス
省エネ機能 エコモード搭載 なし
電気代/月 約410円~ 不明
チャイルドロック 冷水、温水に対応 温水に対応
カラー マットホワイト、マットブラック ホワイト
評価 4.2/5段階中 4.3/5段階中
WEBサイト エブリィフレシャス公式サイト ウォータースタンド公式サイト

エブリィフレシャスとウォータスタンドの違い

エブリィフレシャスminiとウォータスタンド「ナノシリーズ ネオ」を比べてみると、どちらも卓上型ですが、エブリィフレシャスminiはタンク補充型、ナノシリーズネオは水道直結型となっています。浄水能力は除去できる不純物に若干違いがあり、エブリィフレシャスは家庭用品品質表示法で定められた対象12物質+11物質の計23物質の除去が可能で、ウォータスタンドよりも除去できる物質が多くなっています。

  • 料金の比較

    レンタル料金は、エブリィフレシャスが月額3,300円(税込)、ウォータスタンド「ナノシリーズ ネオ」は月額3,850円(税込)と、エブリィフレシャスの方が安くなっています。
    初回にかかる初期費用は、エブリィフレシャスは無料、ウォータスタンドは9,900円(税込)がかかり、導入費用はエブリィフレシャスの方がお得になっています。

  • 浄水フィルター

    水道水を浄水するフィルターは、エブリィフレシャスでは不織布、活性炭、中空糸膜、ATS(鉛除去材)の高性能なフィルターを採用しており、家庭用品品質表示法で定められた対象12物質+11物質の計23物質の除去が可能となっています。ウォータスタンドでは静電吸着式フィルター+活性炭の高性能なフィルターを採用しており、JIS S 3201:2019の試験方法で規定された除去物質(12+5物質)と浄水器協会自主規格基準JWPAS B.210で規定された除去対象物質(3物質)の計20物質を除去することが出来ます。フィルター性能を比べた時に、エブリィフレシャスの方が3物質多く不純物を取り除くことが出来ます。

  • メンテナンス面

    メンテナンス面ではエブリィフレシャスは基本セルフで設置やフィルター交換などメンテナンスを行わなければなりません。ウォータースタンドは6ヶ月に1度のフィルター交換やメンテナンスをスタッフが訪問して行ってくれます。メンテナンス費用もレンタル料金に含まれています。

  • タンク容量

    エブリィフレシャスminiはタンク容量は冷水0.8L、温水0.9Lと、ウォータスタンド「ナノシリーズ ネオ」の常温水2.5L、冷水2.5L、温水1.0Lに比べると少ない容量となっています。飲み水としてしか使わないのであれば気にする必要はないですが、料理や複数人で使うなど利用量が多い様な場合は容量が多く、水道直結型のウォータスタンド「ナノシリーズ ネオ」の方がおすすめと言えます。

  • デザイン面

    エブリィフレシャスmini、ウォータスタンド「ナノシリーズ ネオ」共にシンプルでおしゃれにデザインされた筐体となっています。エブリィフレシャスは世界的に活躍するプロダクトデザイナー安積伸氏がデザインを手掛け、色や質感はもちろん、細かなボタンの角度やトレイの大きさまでこだわりぬいた機種となっています。またホワイトとブラックのカラーが用意されているので、キッチン、リビングなど部屋のテイストに合わせて選ぶことが出来ます。


  1. ホーム
  2. 水道水ウォーターサーバー
  3. エブリィフレシャスとウォータスタンドの比較