PR

エブリィフレシャスとハミングウォーターの比較

~料金、浄水能力、サーバー性能を徹底比較~

更新日時:
エブリィフレシャスとハミングウォーター

水道水浄水型ウォーターサーバーのエブリィフレシャスtall(トール)ハミングウォーターFlows(フローズ)を比較してみました。

料金、レンタルシステムなどが似ている為、エブリィフレシャスとハミングウォーターを比較している方も多くいるようです。料金やレンタルシステムの違い、サーバー性能の違いなどをまとめています。

<比較表>

項目 エブリィフレシャス ハミングウォーター
サーバー エブリィフレシャス
tall(トール)
ハミングウォーターサーバー
Flows(フローズ)
レンタル月額 3,300円(税込) 3,300円(税込)
タイプ 床置き型 床置き型
給水方式 タンク補充型 タンク補充型
浄水フィルター 不織布、活性炭、中空糸膜、ATS (鉛除去材) 高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過)
総ろ過水量 750L
※1日約3.3L利用可能
1,800L
※1日約10L利用可能
浄水能力 除去物質数:23種類
・遊離残留塩素
・総トリハロメタン
・カビ臭(2-MIB)
・農薬(CAT)
・濁り
・テトラクロロエチレン
・クロロホルム
・1,1,1-トリクロロエタン
・ブロモジクロロメタン
・ブロモホルム
・溶解性鉛
・トリクロロエチレン
・ジブロモクロロメタン
・水銀
・アルミ
・鉄
・有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)
・シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
・ベンゼン
・陰イオン界面活性剤
・フェノール類
・ジェオスミン
・四塩化炭素
除去物質数:26種類
<JIS S 3201試験結果>
遊離残留塩素
・濁り
・クロロホルム
・ブロモジクロロメタン
・ジブロモクロロメタン
・ブロモホルム
・テトラクロロエチレン
・トリクロロエチレン
・総トリハロメタン
・CAT
・2-MIB
・溶解性鉛
・シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
・ベンゼン
・陰イオン界面活性剤
・フェノール類
・ジェオスミン
<浄水器協会規格基準JW PAS Bに準拠する試験結果>
・1,1,1- トリクロロエタン
<その他自社による試験結果>
・鉄(溶解性)
・水銀
・カドミウム
・有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)
・アルミニウム
・四塩化炭素
・鉄(微粒子状)
・細菌
温度仕様 冷水:5~10℃
温水:80~85℃
再加熱:85~90℃
常温水
(ECO使用時:温水約70~75℃、冷水約10~15℃)
冷水:6~10℃
温水:80~90℃
再加熱
常温水
タンク容量 冷水:1.5L、温水:1.5L
※貯水タンク5.7L
冷水1.5L、温水1.3L、常温水1.1L
※給水タンクは約4L
カートリッジ交換 7ヶ月半に1回
※費用はレンタル代に含む
6ヶ月に1回
※費用はレンタル代に含む
衛生面 タンク内にUV-LED(紫外線)ランプ設置 タンク内にUV(紫外線)ランプ設置
省エネ機能 光センサーによる自動エコモード搭載 エコモード搭載
電気代/月 約360円~ 約475円
チャイルドロック 温水、冷水、常温水に対応。
※温水はロック解除後10秒間操作なしで自動でロック。
温水、冷水、常温水に対応。ロックフリー(常時ロック解除)機能あり。
※温水はロック解除後30秒間操作なしで自動でロック。
本体サイズ 幅29cm×奥行36.3cm×高さ112.5cm 幅26cm×奥行37cm×高さ120cm
トレイサイズ 幅26cm × 奥行10.5cm 幅26cm × 奥行14cm(※ワイドトレイ使用時は18cm)
カラー マットホワイト、マットブラック ホワイト、ブラック
契約期間 3年 2年
解約金 1年未満:22,000円
1年~2年未満:16,500円
2年~3年未満:11,000円
※全て税込
2年未満:16,500円(税込)
評価 4.4/5段階中 4.4/5段階中
口コミ エブリィフレシャスtall口コミ ハミングウォーター口コミ
キャンペーン 2024年6月16日まで
初月利用料(3,300円)が無料、Amazonギフト券3,300円分プレゼント、また抽選で人気の低温調理器が当たるキャンペーンを実施中!
2024年6月30日まで
初回出荷手数料(2,200円)と初月利用料が無料!また抽選で15名様に16,500円分、75名様に3,300円分のデジタルギフトが当たる!
運営会社 富士山の銘水株式会社 株式会社コスモライフ
WEBサイト エブリィフレシャス公式サイト ハミングウォーター公式サイト

エブリィフレシャスtallとハミングウォーターFlowsの違い

エブリィフレシャスtall(トール)とハミングウォーターFlows(フローズ)を比較してみると、両方とも水道水タンク補充型の機種で、月額料金も3,300円(税込)と同じです。

機能的にも使える温度帯、エコモード搭載、タンク内のUV-LED(紫外線)ランプによる殺菌機能など、同じような性能となっています。

浄水能力はエブリィフレシャスが23物質、ハミングウォーターが26物質と除去できる物質の品目はハミングウォーターの方が多くなっており、また、フィルターの総ろ過水量はハミングウォーターの方が1,800Lと浄水できるお水の量は多くなっています。

月の電気代はエブリィフレシャスtallが約360円~、ハミングウォーターFlowsよりも省エネ機種となっています。

  • 料金の比較

    エブリィフレシャスとハミングウォーターのレンタル料金はどちらも月額3,300円(税込)と同じ料金となっています。

    初回にかかる初期費用は、エブリィフレシャスは無料、ハミングウォーターは2,200円(税込)がかかり(※2024年6月30日まで初期費用0円キャンペーン実施中)、導入費用はエブリィフレシャスの方がお得になっています。

  • 浄水フィルター・浄水能力

    水道水を浄水するフィルターの性能を比べた時に、エブリィフレシャスに比べハミングウォーターの方がより多くの不純物を取り除ける点、浄水できるお水の量で異なっています。

    <除去物質>

    エブリィフレシャスでは不織布、活性炭、中空糸膜、ATS(鉛除去材)の高性能なフィルターを採用しており、家庭用品品質表示法で定められた対象12物質を含む23物質の除去が可能となっています。

    ハミングウォーターでは高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過)の高性能なフィルターを採用しており、計26項目の除去対象物質が除去出来ます。
    除去物質はハミングウォーターの方が多くなっています。

    <総ろ過水量>

    フィルターの総ろ過水量を比べると、エブリィフレシャスは750L(1日3.3L利用可能)、ハミングウォーターは1,800L(1日10L利用可能)となっており、毎日のお水の利用量が多い家庭ではハミングウォーターの方がおすすめとなっています。

    エブリィフレシャスは7ヶ月半、ハミングウォーターは6ヶ月でフィルター交換が必要です。

  • サーバー機能面

    サーバーの機能面では使える温度帯、省エネ面、タンク内の衛生機能など、同じようなスペックとなっています。

    <温度帯>

    サーバーの機能面では、温度設定で両機種とも冷水、温水、再加熱、常温水が使えるようになっています。

    <省エネ・電気代>

    両機種ともエコモード搭載で月の電気代も300~400円代と非常に省エネな機種となっています。

    ハミングウォーターは手動でエコモードを設定しますが、エブリィフレシャスtall(トール)は光センサーによるSLEEP機能搭載で、部屋の明るさを自動感知して、サーバーを使用しない夜間などに自動でエコモードが作動します。

    <衛生面>

    両機種ともタンク内にはUV-LED(紫外線)ランプが設置されており、タンク内を殺菌するので、衛生面でも安心して使える仕様となっています。

  • 利便性

    flows(フローズ)のトレイ
    出典:ハミングウォーター

    使い勝手の面では、ハミングウォーターFlows(フローズ)は、鍋やヤカンを置いたまま給水出来る様に、給水口の下にあるトレイを引き出してワイドサイズにして使えます。通常サイズのトレイは奥行14cm、横幅26cmと通常サイズでも他社製品に比べて広いですが、ワイドトレイのサイズは奥行18cm横幅26cm鍋を置いたまま注水するなど、料理で使うにも利便性の高い仕様となっています。

    エブリィフレシャスtall(トール)は初めからトレイがワイドサイズとなっていますが、奥行10.5cm、横幅26cmと、鍋やヤカンを置いたまま注水するにはちょっと小さめのサイズとなっています。

    Flows(フローズ)、tall(トール)両機種ともに常温水や再加熱機能なども付いているので、料理などに使われる方にとっては便利な機能となっています。

  • チャイルドロック

    エブリィフレシャスtall(トール)のチャイルドロックは初期状態で温水のみに設定されていますが、冷水にも設定が可能となっています。温水はロック解除後10秒間操作なしで自動でロックされます。

    ハミングウォーターFlows(フローズ)は、温水ロック(初期状態)、完全ロック(温水、冷水、常温水)ロックフリー(全てロック解除)の3つのモードで設定することが可能です。温水はロック解除後30秒間経過で自動でロックされます。

    小さな子供のいる家庭ではチャイルドロックは必要ですが、温水を使用する際に毎回ロック解除を行うのは意外と面倒です。エブリィフレシャスtall(トール)は常時ロック解除が出来ませんが、チャイルドロックを常時解除したいという方にはロックフリー機能が付いているハミングウォーターFlows(フローズ)がおすすめです。

  • タンク容量

    エブリィフレシャスtall(トール)のタンク容量は冷水1.5L、温水1.5L、貯水タンク5.7L、ハミングウォーターFlows(フローズ)は冷水1.5L、温水1.3L、常温水1.1L、給水タンク4Lと、ハミングウォーターFlowsには常温水のタンクも用意されている点で異なります。トータルのタンク容量はエブリィフレシャスtallの方が多くなっています。

  • デザイン面

    エブリィフレシャスtall(トール)、ハミングウォーターFlows(フローズ)共にシンプルでおしゃれにデザインされた筐体となっています。

    どちらもインテリアとしても見栄えが良く、またホワイトとブラックのカラーが用意されているので、キッチン、リビングなど部屋のテイストに合わせて選ぶことが出来ます。

    エブリィフレシャスは世界的に活躍するプロダクトデザイナー安積伸氏がデザインを手掛け、色や質感はもちろん、細かなボタンの角度やトレイのサイズまでこだわりぬいた機種となっています。

    <サイズ>

    サーバーサイズは、エブリィフレシャスtall(トール)よりもハミングウォーターFlows(フローズ)の方が横幅が3cm程小さく、奥行は両方ともほぼ同じようなサイズで、設置面積としてはハミングウォーターFlows(フローズ)の方が省スペースとなっています。

    <カラー>

    カラーはtall、Flows両機種ともにホワイトとブラックの2種類を揃えているので、設置場所のお部屋のテイストに合わせて選ぶことが出来ます。

  • 契約期間・解約金

    契約期間を比較すると、エブリィフレシャスの契約期間は3年です。1年未満でご解約した場合、1年未満の場合22,000円、1年経過後、2年未満でご解約した場合は、16,500円(税込)、2年経過後、3年未満でご解約された場合は、11,000円(税込)の解約金が発生します。

    ハミングウォーターの規定利用期間は2年です。規定利用期間満了前に解約する場合、サーバー引取手数料として16,500円(税込)が発生します。ハミングウォーターの方が契約期間が短く、また場合でも同じ解約金となっています。

    契約縛りの期間はエブリィフレシャスの方が長く、2年程で解約するのであればハミングウォーターがおすすめです。

各社のメリットとデメリット

会社名 メリット デメリット
エブリィフレシャスロゴ
エブリィフレシャス


エブリィフレシャス公式サイト

初期費用がかからない
初期費用0円なので導入しやすい点はメリットです。

月のレンタル代が安い
エブリィフレシャスの月額レンタル代は3,300円(税込)と、同程度の機能(ろ過方式、冷温水機能、エコ機能など)の他社水道水浄水型ウォーターサーバーと比べた時に非常に安い料金となっています。

卓上型が選べる
卓上タイプの水道水補充型サーバーが選べます。小型なので置き場所の自由度も高いです。

選べる機種は補充型のみ
選べる水道水浄水型ウォーターサーバーはタンク補充型のみで、自動的に給水される水道直結は選べません。

契約期間が長い
エブリィフレシャスの契約期間は3年と他社に比べて長い点はデメリットと言えます。

ハミングウォーターロゴ
ハミングウォーター


ハミングウォーター公式サイト

月のレンタル代が安い
月のレンタル代は3,300円(税込)と、同程度の機能(ろ過方式、冷温水機能、エコ機能など)の他社水道水浄水型ウォーターサーバーと比べても最安クラスの費用となっています。

電気代が安い
エコモード使用で電気代は1ヶ月約475円と他機種と比べても非常に安くなっています。

1日に使える浄水の量が多い
ハミングウォーターの総ろ過水量は1,800Lで、フィルター交換期間は6ヶ月です。1日平均で使えるお水の量は約10Lで、料理へもお水を使いたい方にとってメリットがあります。

選べる機種が1種類のみ
ハミングウォーターで選べる水道水ウォーターサーバーはflows(フローズ)1機種のみで、選択肢が無い点はデメリットと言えます。ROろ過タイプや、卓上型なども選ぶことはできませんが、flows(フローズ)自体は高機能サーバーであり、水道水ウォーターサーバーとしては満足度が高い機種となっています。


  1. ホーム
  2. 水道水浄水型ウォーターサーバー
  3. エブリィフレシャスとハミングウォーターの比較