フレシャス
フレシャス フレシャス富士

フレシャス富士

ウォーターサーバー「フレシャス」の「フレシャス富士」は、最高の採水地である富士山の標高1000メートルから採れるバナジウム入りの天然水です。きれいでおいしい天然水を採水するのに自然環境は非常に重要です。採水される富士吉田工場は、国立公園内の標高約1000m地点に位置しており、工場より高い場所は開発が厳しく制限され、スキー場やゴルフ場は一切ありません。複数の市町村がまたがる富士山の中でも、富士吉田市は広大な森林が保全されています。数十年前に富士山に降り積もった雪は、幾重もの玄武岩層を長い年月をかけて浸透し、富士山の地下には琵琶湖の水よりも多くの水が蓄えられていると言われています。
恵まれた環境で採水されたフレシャス富士は、地下水汚染の指標の一つである硝酸・亜硝酸態窒素の濃度が0.1mg/L以下となっています。世界的な天然水ブランドと比較をしても、圧倒的な低さを誇り、さらには富士山の玄武岩層がもたらすバナジウムが含まれた貴重な天然水となっています。
フレシャス富士のお水の特徴は、ほのかな甘みとまろやかな味わいにあります。美味しさの重要な要素でもある溶存酸素が豊富に含まれているため、味覚が敏感な方には少し甘みが感じられるようです。
フレシャス富士の工場では、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000の認証を、ウォーターサーバー専業メーカーとして初めて取得しており、数多くの食品安全を目的とした規格の中でも、厳しい審査と取得の難しさから、「安全性の証明」として大手企業を中心に大きな注目を集める規格です。
容器はウォーターサーバーの仕様に合わせて、7.2Lのビニールパックを使用しているので、女性やお年寄りの方でも楽に交換出来ます。ビニールパックなので、使用後も折りたたんで廃棄出来る点は非常に便利です。

<フレシャス富士の商品詳細>
価格/容量 1,248円(税込)/7.2 L
1L当たりの価格 173円/1L
配送料 無料
お水の種類 天然水
容器 ビニールパック
採水地 富士山の標高1000メートルの採水地
硬水度 21mg/L
ミネラル カルシウム0.57mg
ナトリウム0.52mg
マグネシウム0.19mg
カリウム0.07mg
バナジウム8.6μg
※100ml中の含有量
pH値 8.1pH
<選択できるウォーターサーバー機種>
サーバー名概要
Slat(スラット)
Slat(スラット)
世界的なプロダクトデザイナー・安積伸氏がデザインを手掛けたウォーターサーバー。2016年度グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュでおしゃれにデザインの機種です。スラット(板)というネーミングのように、アルミ押出成形の、長い建築資材のような、そんな綺麗な板がすっと立っている姿をイメージしてデザインされています。
Slat+cafe(スラット+カフェ)
Slat+cafe(スラット+カフェ)
コーヒーマシンと一体になった2in1ウォーターサーバー。「FRECIOUS Slat」のオリジナル機能はそのままで、コーヒーマシンが追加された機種です。専用ドリップポッドや市販の挽いたコーヒー豆を使ってフレシャスの天然水で1杯ずつ淹れる本格コーヒーを楽しむことが出来ます。
dewo(デュオ)
dewo(デュオ)
プロダクトデザイナー安積伸氏がデザインし、ウォーターサーバーの新しいかたちを模索した機能性とおしゃれなデザインを兼ね備えた機種で、機能的でありながら、お部屋に馴染むという意味でのシンプルさが追及されています。
dewo mini(デュオミニ)
dewo mini(デュオミニ)
世界的なプロダクトデザイナー・安積伸さんによるウォーターサ―バー。コンセプトは「もっと小さく、もっと自由に」で、キッチンだけでなく寝室など自由な置き場所で使えることを目指したデザインとなっています。
SIPHONロングタイプ
SIPHONロングタイプ
フレシャスの床置きタイプのおしゃれな機種。衛生的に使える「セルフクリーン」搭載で、温水をサーバー全体に循環させ、ウォーターサーバー内部をクリーンな状態に保ちます。光センサー搭載で、部屋の明るさに合わせて自動で節電。温水を使用しない間の電力を抑え、通常使用時と比べ電気代を30%カットします。
SIPHONショートタイプ
SIPHONショートタイプ
フレシャスの卓上型のおしゃれな機種。衛生的に使える「セルフクリーン」搭載で、温水をウォーターサーバー全体に循環させ、内部をクリーンな状態に保ちます。光センサー搭載で、部屋の明るさに合わせて自動で節電。温水を使用しない間の電力を抑え、通常使用時と比べ電気代を30%カットします。

フレシャスの詳細はこちら

  1. ホーム
  2. フレシャス
  3. フレシャス富士の詳細・評価