ウォータースタンドとハミングウォーターの比較

水道水を浄水するウォーターサーバーのウォータースタンドとハミングウォーターを比較してみました。ウォータースタンドは多種多様な機種から選択することが出来ますが、ハミングウォーターと機能的に同程度の性能である「エコサーバー ネオ」と比較しています。料金やレンタルシステムの違い、サーバー性能の違いなどをまとめています。

<比較表>

項目 ウォータースタンド ハミングウォーター
サーバー エコサーバー ネオ
エコサーバー ネオ
ハミングウォーターサーバー
Flows(フローズ)
レンタル月額 4,950円(税込) 3,300円(税込)
初期費用 無料 2,200円(税込)
給水方式 タンク補充型 タンク補充型
浄水フィルター 静電吸着式フィルター+活性炭 高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過)
浄水能力 遊離残留塩素
総トリハロメタン
2-MIB(カビ臭)
CAT
テトラクロロエチレン
クロロホルム
トリクロロエチレン
プロモジクロロメタン
1,1,1-トリクロロエタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
溶解性鉛
・遊離残留塩素
・総トリハロメタン
・2-MIB(カビ臭)
・CAT
・濁り
・テトラクロロエチレン
・クロロホルム
・トリクロロエチレン
・プロモジクロロメタン
・1,1,1-トリクロロエタン
・ジブロモクロロメタン
・ブロモホルム
除去率:80%以上
温度仕様 冷水5.5℃~7.3℃、温水93℃~85℃、常温< 水温6~10℃、 湯温80~90℃、常温、再加熱
タンク容量 常温水2.5L、冷水2.5L、温水1.0L
※給水用タンクは6リットル×2個
冷水1.5L/温水1.3L/常温水1.1L
※給水タンクは約4L
省エネ機能 省電力モード搭載 エコモード搭載
電気代/月 約475円
評価 4.6/5段階中 4.2/5段階中
WEBサイト ウォータースタンド公式サイト ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンドとハミングウォーターの違い

ウォータースタンドとハミングウォーターを比較してみた時に、ウォータースタンドは多くのバリエーションの機種を揃えてユーザーの多様なニーズに応えたラインナップとなっているのに対して、ハミングウォーターは高性能な機種1台のみでユーザーニーズに対応した展開となっています。ハミングウォーターとウォータースタンドの同程度の仕様の機種を比べてみると、除去できる不純物はほぼ同じ、サーバー機能面でもほぼ同じですが、ウォータースタンドの方がレンタル料金が高く、反面ハミングウォーターは初期費用2,200円(税込)が必要となっています。

料金の比較

ウォータースタンドには多種多様なタイプの機種が揃っており、選択する機種によってレンタル料金も違ってきます。冷水、温水が使える同程度の仕様のウォータースタンド「エコサーバー ネオ」と、ハミングウォーター「flows(フローズ)」を比べてみると、「エコサーバー ネオ」のレンタル月額は4,950円(税込)、flows(フローズ)は月額3,300円(税込)とハミングウォーターの方がレンタル料金は圧倒的に安いです。ウォータースタンドは水道直結型の卓上タイプの機種が多く、水道直結型で冷水、温水が使える「ナノラピア ネオ」と比べた場合でも、レンタル料金は4,378円(税込)と1,000円程月額料金が違います。常温水仕様のサーバーであればウォータースタンドにも料金の安い機種はありますが、冷水、温水が使える機種であればハミングウォーターの方が圧倒的に料金は安くなっています。

浄水フィルター

ウォータースタンド「エコサーバー ネオ」は「静電吸着式+活性炭」の浄水フィルターを採用しています。ハミングウォーター「flows(フローズ)」と比べた場合、除去できる成分はほとんど同じで、公表されている除去成分の違いとしては、ウォーターサーバーは溶解性鉛、ハミングウォーターは濁りが除去成分として異なっています。

サーバー機能面

「エコサーバーネオ」、「flows」共に省エネ機能搭載で省電力設計になっています。「エコサーバーネオ」の電気代は不明ですが、「flows」はエコモード使用で月の電気代500円と非常に電気代を節約してくれます。「エコサーバーネオ」は光感知センサーが付いており、部屋が暗い時は自動で省エネモードへと切り替えてくれます。
使える温度ではハミングウォーター「flows」には再加熱機能がついており、カップラーメンなど高温のお湯が必要な場合に対応できるようになっています。

タンク容量

「エコサーバーネオ」の給水用タンクは6リットル×2個(計12L)と非常に多く、またタンクは足元交換で給水も楽に行うことが出来るようになっています。「flows」は給水タンク4Lと少なく、利用状況によっては頻繁に水道水を補充する必要があります。

デザイン面

どちらの機種もインテリアに合わせやすい様にシンプルでありながら、おしゃれにデザインされた機種となっています。どちらもホワイトカラーである為、キッチンやリビングなどに置いても合わせやすいデザインとなっています。

  1. ホーム
  2. 水道水ウォーターサーバー
  3. ウォータースタンドとハミングウォーターの比較