ハミングウォーターとスノーアルプスの比較

水道水を浄水するウォーターサーバーのハミングウォーターとスノーアルプスを比較してみました。料金、レンタルシステムなどが似ている為、ハミングウォーターとスノーアルプスを比較している方も多くいるようです。料金やレンタルシステムの違い、サーバー性能の違いなどをまとめています。

<比較表>

項目 ハミングウォーター スノーアルプス
サーバー ハミングウォーターサーバー
Flows(フローズ)
スノーアルプスサーバー
浄水型サーバー
レンタル月額 3,300円(税込) 3,280円(税込)~
給水方式 タンク補充型 タンク補充型
浄水フィルター 高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過) UFろ過+活性炭
浄水能力 除去物質数:21種類
・遊離残留塩素
・総トリハロメタン
・2-MIB(カビ臭)
・CAT
・濁り
・テトラクロロエチレン
・クロロホルム
・1,1,1-トリクロロエタン
・プロモジクロロメタン
・ブロモホルム
・溶解性鉛
・トリクロロエチレン
・ジブロモクロロメタン
・シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
・ベンゼン
・陰イオン界面活性剤
・フェノール類
・ジェオスミン
・鉄(溶解性)
・水銀
・カドミウム
・総トリハロメタン
・テトラクロロエチレン
・トリクロロエチレン
・プロモジクロロメタン
・ジブロモクロロメタン
・ブロモホルム
・クロロホルム
・ジクロロメタン
・ホルムアルデヒド

・臭気
・色度
・濁り
温度仕様 水温:6~10℃、 湯温:80~90℃、常温水、再加熱 冷水:約6°C~10°C、温水:約80°C~90°C、常温水
※エコモード使用時は温水が62~68℃
タンク容量 冷水1.5L/温水1.3L/常温水1.1L
※給水タンクは約4L
冷水3.3L/温水1.6L
給水タンクは約7L
カートリッジ交換 6ヶ月に1回
※費用はレンタル代に含む
1年に1回
※費用はレンタル代に含む
衛生面 タンク内にUV(紫外線)ランプ設置 タンク内にUV(紫外線)殺菌ランプ設置
省エネ機能 エコモード搭載 エコモード搭載
電気代/月 約475円 約451円(エコモード使用時)
チャイルドロック 冷水、温水、常温水に対応 温水に対応
評価 4.2/5段階中 4.1/5段階中
WEBサイト ハミングウォーター公式サイト スノーアルプス公式サイト

ハミングウォーターとスノーアルプスの違い

ハミングウォーターとシャインウォーターを比べてみると、月額料金はスノーアルプスの方が3,280円(税込)と若干安く、浄水能力は除去できる不純物が若干異なっています。仕様面での違いは、ハミングウォーターに比べてスノーアルプスの方が温水タンク、給水タンクの容量が多くなっています。また、ハミングウォーターは再加熱が使え、また鍋やヤカンなどに給水しやすい様にトレイをワイドに使える点など料理での利用も考慮されている点が異なっています。

  • 料金の比較

    ハミングウォーターはレンタル料金月額3,300円(税込)、スノーアルプスが3,280円(税込)とほぼ同じ料金となっています。
    初回にかかる初期費用は、ハミングウォーター、スノーアルプス共には2,200円(税込)と同じ金額となっています。

  • 浄水フィルター

    水道水を浄水するフィルターは、ハミングウォーターでは高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過)の高性能なフィルターを採用しており、21種類の除去対象物質が除去出来ます。
    スノーアルプスではUFろ過+活性炭のフィルターを採用しており、除去できる物質に若干違いがあります。ハミングウォーターのフィルターでは遊離残留塩素、2-MIB(カビ臭)、CAT、1,1,1-トリクロロエタン、スノーアルプスはクロロホルム、ホルムアルデヒドなどが除去できる点で異なっています。

  • サーバー機能面

    サーバーの機能面では、温度設定でハミングウォーターが冷水、温水、常温、再加熱の4つの温度帯が使えるのに対して、スノーアルプスは冷水、温水、常温水の3つの温度帯となっており、再加熱が使える点で異なっています。また、両サーバーともエコモード搭載ですが、電気代はハミングウォーターが月約475円、スノーアルプスが約451円(税込)とほぼ同じ電気代となっています。

  • 利便性

    flows(フローズ)のトレイ
    出典:ハミングウォーター

    使い勝手の面では、ハミングウォーターは給水口の下にあるトレイは引き出してワイドに使うことが可能です。鍋やヤカンを置いたまま給水することが出来ます。常温水や再加熱機能なども付いているので、料理などに使われる方にとっては便利な機能となっています。

  • タンク容量

    両方ともタンク補充型の機種である為、水道水を補充する給水タンクの容量や、浄水した水を貯めておけるタンクの容量は重要です。タンク容量が少ないと頻繁にお水を補給する必要が出てきます。両方のタンク容量を比べてみると、スノーアルプスの冷水タンクが3.3L、給水タンクが7Lとハミングウォーターに比べて容量が大きく、お水の補充頻度が少なくて済みます。

  • デザイン面

    デザイン面ではどちらもおしゃれでシンプルなデザインの筐体となっており、スノーアルプスはグッドデザイン賞を受賞しています。どちらも横幅30㎝以下のスリムタイプで、置き場所にスペースを取りません。スノーアルプスはブラック1色のみですが、ハミングウォーターはホワイト、ブラックの2色から選択可能となっているので、お部屋のテイストに合わせやすくなっています。

  1. ホーム
  2. 水道水ウォーターサーバー
  3. ハミングウォーターとスノーアルプスの比較