フレシャスとプレミアムウォーターの比較

ウォーターサーバーのフレシャスとプレミアムウォーターを比較してみました。料金、レンタルシステムなどが似ている為、フレシャスとプレミアムウォーターを比較検討している方も多くいるようです。料金やシステムの違い、サーバー性能の違いなどをまとめています。

<比較表>

項目 フレシャス プレミアムウォーター
サーバー フレシャス amadanaスタンダードサーバー
レンタル月額 無料 無料
※一部機種は1,100円(税込)
お水の種類 天然水1種類 天然水5種類
お水の価格 1,231円(税込)/7.2L~
1L当たり:171円
2,117円(税込)/12L
1L当たり:176円
ボトルの種類 ビニールパック ペット樹脂ボトル
選べるサーバー機種 11機種(同じ型は8種類) 6機種
配送方式 ワンウェイ方式 ワンウェイ方式
お届けサイクル 1週間、2週間、3週間、4週間 1週間、2週間、3週間、4週間
配送料 無料 無料、(北海道・青森・秋田・岩手・沖縄の場合220円(税込)、石垣・宮古島エリアの場合715円(税込)
契約期間 2年 ・基本プラン:2年
・PREMIUM3年パック:3年
評価 4.3点/5段階 3.8点/5段階
WEBサイト フレシャス公式サイト プレミアムウォーター公式サイト

フレシャスとプレミアムウォーターの違い

サーバーレンタル料金の比較

フレシャスのレンタル料金は高性能サーバーであっても規定のお水の注文数があれば全て無料となっています。高性能機種をレンタルしている場合、宅配休止等によって前月の注文数が2箱(1箱7.2L×4パック)以下の時に990円(税込)のレンタル月額がかかります。
プレミアムウォーターの場合、スタンダードなサーバーであれば無料ですが、選択するサーバーによっては月額1,100円(税込)の月額料金がかかります。

選べるウォーターサーバー

フレシャスで選択できるウォーターサーバーは11機種と多く(同じ型のは8種類)、スタンダードなものからエコ機能や自動クリーンシステムの付いた高性能な機種まで多様なサーバーが揃っているので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。
プレミアムウォーターの場合、選択できるサーバーが6種類と多く、スタンダードなものから高性能な機種まで好みに合わせて選択する事が出来ます。どちらも選択肢が多く、また、全ておしゃれにデザインされた機種なのでインテリアとしてもお部屋に置いてもインテリアとしても見栄えのする機種になっています。

お水の種類・価格

フレシャスは天然水3種類(富士、朝霧高原、木曽)から選択することが出来ます。プレミアムウォーターは天然水5種類(富士吉田、北アルプス、金城、南阿蘇、朝来)ですが、採水地を選択することが出来ません。配送先の住所等によって宅配される天然水の成分が異なる為、口当たりや味なども異なってきます。フレシャスは容器にビニールパックを採用、容量も7.2Lと交換し易い大きさの容器になっています。また使い終わった後は一般ごみとして廃棄出来る為、処分も楽に行えるようになっています。プレミアムウォーターは容器にペット樹脂ボトルを採用しており、リサイクルゴミとして廃棄することが出来ます。価格はフレシャス天然水は最安のお水で1,231円(税込)/7.2L(1L当たり:171円)、プレミアムウォーターは2,117円(税込)/12L(1L当たり:176円 )と若干1L当たりの価格はフレシャスの方が安くなっています。

配送方式・お届けサイクル

配送方式はどちらもワンウェイ方式、お届けサイクルも1週間、2週間、3週間、4週間毎と両方とも同じサイクルでの配送となっています。

契約期間

フレシャスの契約期間は2年、プレミアムウォーターは基本プランで契約した場合は2年、PREMIUM3年パックの場合は3年となっています。どちらも契約面での条件に差異はほとんどありません。

  1. ホーム
  2. ウォーターサーバー会社一覧・比較
  3. フレシャスとプレミアムウォーターの比較