フレシャスとコスモウォーターの違い・比較

更新日時:

ウォーターサーバーのフレシャスとコスモウォーターの違いを比較してみました。料金、レンタルシステムなどが似ている為、フレシャスとコスモウォーターを比較検討している方も多くいるようです。料金やシステムの違い、サーバー性能の違いなどをまとめています。

<比較表>

項目 フレシャス コスモウォーター
サーバー フレシャス コスモウォーターサーバー
レンタル月額 無料 無料
お水の種類 天然水3種類 天然水1種類
※採水地は京都、静岡、大分の3箇所。採水地を選択することは出来ません。
お水の価格 1,231円(税込)/7.2L~
※1L当たり:171円
2,052円(税込)/12L
※1L当たり:171円
ボトルの種類 ビニールパック ペット樹脂ボトル
選べるサーバー機種 11機種(同じ型は8種類) 4機種(同じ型は3種類)
配送方式 ワンウェイ方式 ワンウェイ方式
お届けサイクル 1週間、2週間、3週間、4週間 7日間、14日間、21日間、28日間
配送料 無料 無料
契約期間 2年 ・smartプラス:2年
・ECOTTO:3年
評価 4.3点/5段階 3.9点/5段階
WEBサイト フレシャス公式サイト コスモウォーター公式サイト

フレシャスとコスモウォーターの違い

フレシャスとコスモウォーターの違いを比べてみると、サーバーのレンタル代はスタンダード機種に関してはどちらも無料ですが、高性能機種に関してはフレシャスは条件付きとなっています。選べる機種の多さはフレシャスが11機種とコスモウォーターの4機種に比べて多いですが、どちらも高性能でスタイリッシュな機種を揃えています。またフレシャスは天然水の採水地が選べますが、コスモウォーターは選ぶことが出来ません。配送システムや契約条件などはどちらも同じような内容となっています。

  • サーバーレンタル料金の比較

    フレシャス、コスモウォーター共にサーバーのレンタル料金は無料となっています。フレシャスの場合、高性能サーバーをレンタルする場合、規定の数のお水の注文が無料の条件となっています。高性能機種をレンタルしている場合、宅配休止等によって前月の注文数が2箱(1箱7.2L×4パック=28.8L)以下の時にレンタル料金が発生します。月に28.8Lよりも多くお水を消費する場合は問題ないですが、お水の消費量が少ないような家庭ではサーバーのレンタル代が発生する為、注意が必要です。

  • 選べるウォーターサーバー

    フレシャスで選択できるウォーターサーバーは11機種と多く(同じ型のは8種類)、スタンダードなものからエコ機能や自動クリーンシステムの付いた高性能な機種まで多様なサーバーが揃っているので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。
    コスモウォーターの場合、選択できるサーバーが4機種(同じ型のは3種類)で、フレシャスに比べてサーバーの選択肢は少ないですが、人気のsmartプラスやエコサーバーのECOTTOなど、機能性と利便性を兼ね備えた機種のみレンタルしています。

  • お水の種類・価格

    フレシャスは天然水3種類(富士、朝霧高原、木曽)から選択することが出来ます。コスモウォーターは天然水3種類(京都、静岡、大分の3つの採水地)ですが、採水地を選択することが出来ません。配送先の住所等によって宅配される天然水の成分が異なる為、口当たりや味なども異なってきます。お水の種類を自分で選びたい方にはフレシャスがおすすめです。
    フレシャスは容器にビニールパックを採用、容量も7.2Lと交換し易い大きさの容器になっています。また使い終わった後は一般ごみとして廃棄出来る為、処分も楽に行えるようになっています。コスモウォーターは容器にペット樹脂ボトルを採用しており、リサイクルゴミとして廃棄することが出来ます。
    価格はフレシャス天然水は最安のお水で1,231円(税込)/7.2L(1L当たり:171円)、コスモウォーターは2,052円(税込)/12L(1L当たり:171円)と1L当たりの価格はどちらも同じとなっています。

  • 配送方式・お届けサイクル

    配送方式はどちらもワンウェイ方式、お届けサイクルも1週間、2週間、3週間、4週間毎と両方とも同じサイクルでの配送となっています。

  • 契約期間

    フレシャスの契約期間は2年、コスモウォーターはレンタルする機種によって異なり、smartプラスの契約期間は2年、ECOTTOの契約期間は3年となっています。

  1. ホーム
  2. ウォーターサーバー会社一覧・比較
  3. フレシャスとコスモウォーターの比較