ウォーターサーバー1ヶ月の消費電力、電気代比較

ウォーターサーバーによって電気代が大きく異なってきます。エコモード機能がついているものや初めから省電力設計になっているサーバーなど、選択するサーバーによって月の電気代が2~3倍異なってきます。通常のレンタル代、お水代に加えて電気代も加味して費用を比較検討下さい。

意外と高いウォーターサーバーの電気代

 機種の性能によって消費電力は2~3倍違う

ウォーターサーバーをレンタルする時にレンタル代は気にしても、電気代はあまり気にしないのではないでしょうか?実はウォーターサーバーの電気代は意外と高いんです。機種毎の性能によって毎月の電気代が2~3倍も違ってきますが、エコモードなどの節約機能があるものは1ヶ月の電気代300円~700円程度ですが、節約機能がないものは1ヶ月1000円程の費用がかかってきます。省エネ設計やエコモードがついているウォーターサーバーは利用していない時に電力をセーブ出来るようになっており、節約機能がないウォーターサーバーと大きく電気代が違ってきます。

電気代の平均はいくら?

 平均は約990円、省エネ設計機種は約509円

当サイトで紹介しているウォーターサーバーで電気代が公表されいている機種から平均の電気代を算出してみました。省エネ設計されている機種と、全く省エネ設計がされていない機種で算出したところ、省エネ設計のウォーターサーバーでは電気代の平均は約990円で、省エネ設計がされている機種は約509円となりました。

電気代を節約する省エネ機能

温水を調整するエコモードは電気代が安い

 エコモード切替で電気代節約

ウォーターサーバーにはエコモードと呼ばれる温水の温度を調整して電気代を節約する機能がついている機種があり、ウォーターサーバーを利用していない就寝時や外出中などにエコモードに切り替えていると電気代を節約することが出来ます。
エコモードに切り替えて使えば1ヶ月の電気代は300円~500円程度で済ませられるので、ウォーターサーバーのレンタル代と併せてトータルの費用も節約することが出来ます。
ただし、エコモードは温水機能をオフにしたり、温水温度を下げたりする為、エコモード中は通常通りのお湯が使えなくなります。急にコーヒーを入れたいという時でも熱いお湯が出ないのでこの点はデメリットと言えます。お湯を使う機会が少なければ(夏などは使う機会が少ないですね)、常にウォーターサーバーをエコモードにしておけば電気代を安く済ませることが出来ます。
⇒エコモードタイプのウォーターサーバー

SLEEP機能

SLEEP機能は、部屋の明るさに応じて自動で省エネになる機能で、部屋が暗くなると自動的に温水の温度を下げて電気の消費を抑えてくれます。

デュアルタンク

デュアルタンクは冷水と温水のタンクを分離させることにより、熱干渉を少なくして節電するタンク構造のことです。一般的なサーバーは、冷水と温水のタンクがつながっていて互いに熱干渉をする為、消費電力をロスをしてしまいますが、デュアルタンクにすることで電気の消費を少なくできます。

省エネ機能付はレンタル費用も含めて比較

 エコ機能は電気代が安いが、レンタル代が高い場合もあるので注意

エコモードなどが付いているウォーターサーバーは、その省エネ機能により電気代を安く節約出来ますが、ウォーターサーバー会社によっては、エコモード付きの機種によってはレンタル代が高くなっている場合もあるので注意が必要です。電気代が安くなっても、ウォーターサーバーのレンタル代が高くなるのであれば、結果的に同じ費用になってしまいます。ウォーターサーバー費用は、レンタル代と電気代を併せて比較してみて下さい。

ウォーターサーバー機種別の消費電力、電気代


コスモウォーター
コスモウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

コスモウォーターで採用しているウォーターサーバー(床置きタイプ)。らくらくというだけあって、「足元ボトル交換」という方法でお水の交換ができるウォーターサーバーです。レンタル料金も無料なのに、エコモード使用で1ヶ月の電気代も436円程度と非常に経済的。トータルからすれば費用も安く済む為おすすめの機種です。

月の電気代 約465円 (エコボタン1日2回使用時)
消費電力 冷却:85W
加熱:350W
レンタル料/月 無料

コスモウォーターの詳細はこちら


コスモウォーター
コスモウォーター ECOTTO

ECOTTO

電気ケトルとウォーターサーバーがひとつになったウォーターサーバー。必要なときに必要なだけケトルでお湯を沸かす温水と冷水の機能が分かれているタイプなので、電気代・お水の無駄がありません。お湯を常に保温していないので、電気代も月約125円という省エネの機種です。

月の電気代 約125円(1日冷水600㏄、温水200㏄使用時)
消費電力
レンタル料/月 無料

コスモウォーターの詳細はこちら


プレミアムウォーター
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー

amadanaウォーターサーバー

amadanaとのコラボにより誕生した新発想の床置きタイプのおしゃれなウォーターサーバー。洗練されたおしゃれなデザインが、さまざまな空間やシーンに心地よく調和します。エコモードがない為、1ヶ月の電気代は980円程度と標準的ですが、レンタル代が1000円とトータル的には高い費用となっています。

月の電気代 約980円
消費電力 冷却:80W
加熱:350W
レンタル料/月 1000円(税別)

プレミアムウォーターの詳細はこちら


プレミアムウォーター
プレミアムウォーター amadanaスタンダードサーバー

amadanaスタンダードサーバー

amadanaとのコラボにより誕生した新発想の床置きタイプのおしゃれなウォーターサーバー。1ヶ月電気代は1100円程度と、標準に比べて若干高めの消費電力ですが、レンタル代は無料なので、トータル的には比較的レンタルしやすい費用となっています。

月の電気代 約1060円
消費電力 冷却:80W
加熱:350W
レンタル料/月 無料

プレミアムウォーターの詳細はこちら


プレミアムウォーター
プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

cado×PREMIUM WATER

生活家電メーカー「cado」とのコラボレーションによるおしゃれにデザインされたウォーターサーバー。1ヶ月の電気代はエコモード使用で約504円と非常に安く、レンタル代が1000円必要ですが、デザイナーズタイプの機種としてはトータル的に安い費用となっています。

月の電気代 通常使用時:約840円
エコモード使用時:約670円
消費電力 冷却:80W
加熱:350W
レンタル料/月 1000円(税別)

プレミアムウォーターの詳細はこちら


プレミアムウォーター
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢロングタイプ

スリムサーバーⅢロングタイプ

そのネーミングの通り横幅27cmで置き場所も選びやすい床置きのウォーターサーバーです。温水タンクの保温性を高めることなどで、通常使用時の消費電力を抑え、また、光センサー稼働のエコモードを搭載しているので、就寝の際など、お部屋が暗くなった状態をエコセンサーが感知して自動的に温水タンクの電源をオフにしてくれます。様々な節約機能で通常使用時と比べ消費電力を抑えてくれるので、1ヶ月の電気代も約620円と安く抑えることが出来ます。レンタル代も無料とおすすめのウォーターサーバーです。

月の電気代 通常時:約630円
エコモード使用時:約500円
消費電力 冷却:80W
加熱:350W
レンタル料/月 無料

プレミアムウォーターの詳細はこちら


フレシャス
フレシャス Slat(スラット)

Slat(スラット)

FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)は、世界的なプロダクトデザイナー・安積伸氏がデザインを手掛けたウォーターサーバーです。2016年度グッドデザイン賞を受賞しています。電気代を節約する為に、エコ機能はもちろん、光センサーでお部屋の明るさを感知し、暗ければSLEEP機能が作動して温水用ヒーターの電源をオフにする機能など、全てのエコ機能を使用すれば、1ヶ月の電気代約380円という省エネ機種となっています。

月の電気代 約380円(全ての節約機能使用時)
消費電力 冷却:90W
加熱:430W
レンタル料/月 無料
※前月の注文数2箱(1箱7.2L×4パック)以下の場合900円(税抜)

フレシャスの詳細はこちら


フレシャス
フレシャス Slat+cafe(スラット+カフェ)

Slat+cafe(スラット+カフェ)

FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)は、世界的なプロダクトデザイナー・安積伸氏がデザインを手掛けたウォーターサーバーです。2016年度グッドデザイン賞を受賞しています。電気代を節約する為に、エコ機能はもちろん、光センサーでお部屋の明るさを感知し、暗ければSLEEP機能が作動して温水用ヒーターの電源をオフにする機能など、全てのエコ機能を使用すれば、1ヶ月の電気代約380円という省エネ機種となっています。

月の電気代 約380円(全ての節約機能使用時)
消費電力 冷却:90W
加熱:430W
レンタル料/月 無料
※前月の注文数2箱(1箱7.2L×4パック)以下の場合1200円(税抜)

フレシャスの詳細はこちら


フレシャス
フレシャス dewo(デュオ)

dewo(デュオ)

FRECIOUS dewoは、プロダクトデザイナー安積伸氏がデザインし、ウォーターサーバーの新しいかたちを模索した機能性とおしゃれなデザインを兼ね備えたウォーターサーバー。3つのエコ機能により、1ヶ月の電気代330円という驚異的な省エネ機種と言えます。これだけの高性能ウォーターサーバーでありながら、レンタル代無料(月2箱以上利用の場合)という点がとてもうれしい機種となっています。

月の電気代 約330円(エコモード使用)
消費電力 冷却:80W
加熱:350W
レンタル料/月 無料
※前月の注文数2箱(1箱7.2L×4パック)以上無い場合は500円(税抜)

フレシャスの詳細はこちら


クリクラ
クリクラ サーバーL

サーバーL

クリクラサーバーLは、クリーンルームなどで使われている高性能フィルター「HEPAフィルター」を標準装備したウォーターサーバー。1ヶ月の電気代は約1283円と他機種と比べても高いですが、ゴミや粉塵を徹底的に除去した安全なお水を求めている方には最適です。

月の電気代 約1283円
消費電力 冷水:73W、温水:350W
レンタル料/月 無料
※別途あんしんサポートパック料金が460円(税込)/月が必要。

クリクラの詳細はこちら


アクアクララ
アクアクララ AQUA FAB(アクアファブ)

AQUA FAB(アクアファブ)

AQUA FAB(アクアファブ)は、国内外で活躍する山﨑晴太郎氏をプロダクトデザイナーに迎え、シンプルでどんな空間に馴染むウォーターサーバー。1ヶ月の電気代は約800円と標準的です。

月の電気代 約800円(ただし使用状況により異なります)
消費電力 冷水/105W 温水/465W
レンタル料/月 あんしんサポート料 1300円(税別)/月

アクアクララの詳細はこちら


アクアクララ
アクアクララ アクアアドバンス

アクアアドバンス

電子制御化された温度コントロールを行うICチップを搭載し、1ヶ月の電気代350円という圧倒的な省エネ性能を実現している床置きタイプのウォーターサーバー。レンタル代が月1620円(税込)とかなり高めの設定なのでトータルでは高い費用となっています。

月の電気代 約350円
消費電力 冷却:95W
加熱:400W
レンタル料/月 あんしんサポート料 1500円(税別)/月

アクアクララの詳細はこちら


アクアクララ
アクアクララ アクアスリム

アクアスリム

非常にノーマルな床置きのスリムウォーターサーバーです。月の電気代約1000円、レンタル代も1080円(税込)と、トータル費用は他社と比べても高い機種です。

月の電気代 約1000円
消費電力 冷却:105W
加熱:465W
レンタル料/月 あんしんサポート料 1000円(税別)/月

アクアクララの詳細はこちら


ワンウェイウォーター
ワンウェイウォーター smart

smart

ワンウェイウォーターで採用しているウォーターサーバー。らくらくというだけあって「足元ボトル交換」という方法でお水の交換ができる床置きタイプのウォーターサーバー。レンタル料金も無料で、1ヶ月の電気代も436円程度と非常に経済的です。

月の電気代 約436円(エコモード使用)
494円程度(通常時)
消費電力 冷却:85W
加熱:350W
レンタル料/月 無料

ワンウェイウォーターの詳細はこちら


ワンウェイウォーター
ワンウェイウォーター スタイリッシュウォーターサーバー

スタイリッシュウォーターサーバー

ワンウェイウォーターで採用しているエコモードを備えた卓上タイプのウォーターサーバー。高さ80cm、直径30cmと非常にコンパクトなサイズに収まったキュートなボディが特徴です。電気代が従来比30%削減されたエコタイプのウォーターサーバーで、1ヶ月の電気代も688円程度と光熱費の節約ができます。ウォーターサーバーの電気代が気になる方にも安心です。

月の電気代 約688円
消費電力 冷却:85W
加熱:300W
レンタル料/月 無料

ワンウェイウォーターの詳細はこちら


ワンウェイウォーター
ワンウェイウォーター お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー Acro

お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー Acro

ラウンドタイプのシンプルなスタイルのウォーターサーバーと、オリジナルお掃除ロボットがセットになった新しいカタチの床置きタイプのウォーターサーバーです。エコ機能付きで、月の電気代は約744円、レンタル代無料なので、トータルでも安くお得な機種です。

月の電気代 約744円
消費電力 冷却:85W
加熱:350W
レンタル料/月 無料

ワンウェイウォーターの詳細はこちら


シンプルウォーター
シンプルウォーター エコパック サーバー

エコパック サーバー

月の電気代 約360円/月(12円/日)
消費電力 冷却:70W
温水:450W
レンタル料/月 無料
※初期費用9800円(税別)が必要

シンプルウォーターの詳細はこちら


サントリー
サントリー 天然水ウォーターサーバー

天然水ウォーターサーバー

サントリーの天然水ウォーターサーバーは、4段階の温度調整が可能で、赤ちゃん用ミルク、コーヒーなど用途に合わせて温度を調整出来ます。公表されている電気代は通常モードで1日約34円となっています。エコモードという名称の機能はありませんが、弱冷水や弱温水で使用すれば月の電気代は約700円に抑えられます。

月の電気代 通常モード:1日約34円
弱温モード、弱冷モード:1日約24円
消費電力
レンタル料/月 無料

サントリーの詳細はこちら


アルピナウォーター
アルピナウォーター alpina 床置きタイプ

alpina 床置きタイプ

アルピナウォーターの床置きタイプのウォーターサーバー。1ヶ月の電気代は約1000円となっています。

月の電気代 約1000円
消費電力 冷却:80W
加熱:300W
レンタル料/月 572円(税別、初月無料)

アルピナウォーターの詳細はこちら


ピュアハワイアンウォーター
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー

スタンダードサーバー

ピュアハワイアンウォーター専用の床置きタイプのウォーターサーバー。ROろ過水としてはお水代が高いですが、定期購入のノルマなしでサーバーレンタル代無料なのは大変うれしいシステムとなっています。サーバー自体の性能は今一つで、エコモード機能も無い為、1ヶ月の電気代は約800円となっています。

月の電気代 約800円
消費電力 冷却:85W
加熱:330W
レンタル料/月 無料
※直近3ヶ月のご購入箱数が2箱未満の場合、事務手数料800円(税別)/台がかかります。

ピュアハワイアンウォーターの詳細はこちら


ピュアハワイアンウォーター
ピュアハワイアンウォーター エコサーバー

エコサーバー

ピュアハワイアンウォーター専用のエコタイプの床置きウォーターサーバー。レンタル代は月300円かかりますが、エコ機能なしの機種に比べて電気代が安い為、費用的に安く抑えられます。

月の電気代 約470円程
消費電力 冷却:95W
加熱:260W
レンタル料/月 300円
※直近3ヶ月のご購入箱数が2箱未満の場合、事務手数料800円(税別)/台がかかります。

ピュアハワイアンウォーターの詳細はこちら


うるのん
うるのん スタンダードサーバー

スタンダードサーバー

うるのんで最もスタンダードな床置きのウォーターサーバー。1ヶ月の電気代が約1000円と他社と比べても若干高く、レンタル代は基本無料ですが、選ぶお水によってレンタル代がかかる場合があるので要注意です。

月の電気代 約1000円
消費電力 冷却:90W
加熱:350W
レンタル料/月 無料

うるのんの詳細はこちら


うるのん
うるのん ウォーターサーバーGrande(グランデ)床置き

ウォーターサーバーGrande(グランデ)床置き

ウォーターサーバーGrande床置きは、スタイリッシュな筐体にエコモード、ライトセンサーなどの省エネ機能やタンク内クリーンシステムなども備えた機能性に優れたウォーターサーバー。エコモードを使用すれば、月の電気代513円とトップクラスの省エネ能力となっています。

月の電気代 通常使用時:755円/月
エコモード使用時:513円/月
消費電力 冷却:90W / 加熱:350W
レンタル料/月 300円(税別)

うるのんの詳細はこちら


ふじざくら命水
ふじざくら命水 ふじざくら命水床置き型

ふじざくら命水床置き型

ふじざくら命水の床置きタイプのウォーターサーバー。省エネ機能を兼ね備えており5段階の温度切り替え機能が付いているので、赤ちゃんのミルク用、インスタントコーヒー用、カップ麺用など温度の使い分けができる温度調整が可能です。レンタル代は月667円(税別)で、またノルマもありますが、天然水の価格が安く月に48L以上消費するのであれば、コスト安になります。

月の電気代 約800円(省エネ機能使用時)
消費電力
レンタル料/月 667円(税別)

ふじざくら命水の詳細はこちら


電気ポットとウォーターサーバーの電気代

 実は電気ポットとウォーターサーバーの電気代は同じくらい

ウォーターサーバーは常に温水(お湯)が利用出来る為、常に温水にする為に電気代が高いのではないかと感じてしまうかもしれませんが、家庭でお湯を沸かす電気ポットなどと比べて実は月の電気代は同じくらいです。電気ポットを満タンで一日2回沸騰させて保温しておいた場合の電気代は約30円程度で、これを1ヶ月間続けた場合は900円程度ということになります。
ノーマルなウォーターサーバーの電気代は月1,000円程度ですので、ほぼ同じくらいの電気代ということになります。またエコサーバーなど使わない時間に温水機能を停止する様な機種の場合は、月の電気代は500円前後なので、エコ機能のついたウォーターサーバーであれば、電気ポットよりも電気代を安く抑えることが出来ます。

電気代が最も安いウォーターサ―バーは?

現在レンタルされているウォーターサ―バー機種の中で、メーカーが電気代を公表している機種の中で最も電気代が安いのは、フレシャスの「FRECIOUS dewo」で、エコモード使用時で月330円とエコモードの付いてない機種と比べて約3分の1の電気代で非常に安いです。レンタル代が月500円(税込540円)かかりますが、月の注文本数2箱(1箱4パック)以上で無料になるので、毎月一定量のお水を消費される方であれば最も安く済ませることが出来ます。