ウォーターサーバーの放射能検査

水の放射性物質検査

各社の対応状況

ウォーターサーバー各社では、福島第一原発事故の影響を受けて、2011年3月より暫定基準(厚生労働省発表)に基づき放射性物質である放射性ヨウ素(I-131)、セシウム-134(Cs-134)、セシウム137(Cs-137)の検査を定期的に実施しています。
厚生労働省が2012年4月1日より施行した「食品中の放射性物質の新たな基準値」においては、半減期1年以上の放射性セシウムを対象として、飲料水の新基準値は10ベクレル/L以下に引き下げられたことで、ウォーターサーバー各社による検査もこの基準に従って行われています。実施する期間は各社によって異なりますが、1~2ヶ月に1回の検査を実施し、各社のWEBサイトにて好評されています。
赤ちゃんがいる家庭など、飲み水の放射能が気になる場合は、各社のWEBサイトで確認されると良いでしょう。

<ウォーターサーバー各社の放射能検査状況>
サービス名 放射性物質検査 実施状況
うるのん 月1~2回放射性物質セシウム-134(Cs-134)、セシウム137(Cs-137)の原水へ与える影響を外部の検査機関に委託して検査実施。 http://ulunom.jp/news/check/
アクアウィッシュ 毎月サンプリングし、放射性物質検査を実施。放射性物質(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137)の精密な個別分析が可能なゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーションカウンターを用いた自主検査によって安全性を確認している。 http://www.kirin.co.jp/csv/quality/news/001.html
アルピナウォーター 薬剤師会検査センター、食品環境検査協会などの専門機関に依頼して月に一回を目処に放射性物質検査を実施しています。 http://www.alpina-water.co.jp/radioactive_check.html
クリクラミオ 放射性物質検査は実施されているが、実施期間、実施回数などは不明です。 http://www.creclamio.jp/natural_water.html
クリティア クリティア原水を定期的(月1回)に検査し、放射能濃度(セシウム134及びセシウム137)の測定を実施しています。 http://www.clytia.jp/quality/proof/
コスモウォーター 2ヶ月に1回専門の検査機関に委託し放射性物質(ヨウ素、セシウム)の残留状況の検査を定期的に行っています。 http://www.cosmowater.com/product/water/safety.html
ハワイウォーター 定期的に製品の放射性物質検査を専門機関に依頼して実施しています。 http://www.hawaiiwater.co.jp/radioactive_check.html
フレシャス 月1回外部の検査機関に依頼して放射性物質検査を実施しています。 http://www.frecious.jp/news/
ワンウェイウォーター 2ヶ月に1回専門の検査機関に委託し放射性物質(ヨウ素、セシウム)の残留状況の検査を定期的に実施しています。 http://onewaywater.com/safe
アクアクララ 2ヶ月に1回専門の検査機関に委託し放射性物質(ヨウ素、セシウム)の残留状況の検査を定期的に実施しています。 http://www.aquaclara.co.jp/important/water.html