水の硬度とは?

ウォーターサーバーで提供されている天然水に多くの種類があり、採水地によってお水に含まれるミネラル分、硬度が異なっています。どれくらいの硬度の水を選べばいいのか?お水の硬度について解説します。

カルシウムとマグネシウムの量の数値が硬度

硬度とは、水の中に含まれるミネラル類の内、カルシウムとマグネシウムの合計含有量の数値が硬度と言われるます。WHO(世界保健機関)の基準では、1000mlの水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」としています。

<硬度の分類WHO(世界保健機構)飲料水水質ガイドライン>
軟水:0 - 60未満
中硬水:60 - 120mg未満
硬水:120 - 180mg未満
非常な硬水:180mg以上

ヨーロッパや北米では硬水のミネラルウォーターが一般的ですが、日本の水のほとんどが軟水で、ウォーターサーバーで取り扱われるお水も20mg/L~50mgL程度の軟水が多く見られます。
天然水ウォーターサーバー一覧

硬水

マグネシウムやカルシウムを多く含む水のことです。栄養分が高く、スポーツ後の水分補給やダイエットに適していると言われますが、人によっては飲みにくさを感じたり、胃腸への負担が大きいのでお腹をこわしたりすることもあるので注意しましょう。硬水は、「灰汁がでやすい」「臭みを抑えられる」といった特徴があるため、肉を使った料理や煮物に適しています。

軟水

日本の天然水の多くが軟水であるため、日本人になじみのあるお水と言えるでしょう。口当たりが柔らかく、クセがないため飲みやすいのが特徴です。体への負担が少ないので乳幼児に与えるミルクや飲用水も軟水のほうが良いでしょう。また、ミネラル成分の含有量が少ないため、素材やダシの風味を引き出すことができるなど和食を中心とした料理に適していると言われます。ご飯を炊いたり、コーヒーやお茶、水割りにも軟水の方が適しています。

硬度の違いによる体への影響

硬水はミネラルを多く含む為、硬水を摂り過ぎると身体に悪影響を及ぼす可能性があります。最も顕著に出やすいのが下痢をするなどの体調不良で、硬水のミネラル分に含まれるマグネシウムに腸を刺激する作用があり、硬水を摂り過ぎてしまうと腸が刺激され消化機能が弱まって下痢になってしまう場合があります。その為消化器系の未熟な赤ちゃんなどには軟水の水が良いとされており、また大人の人でもよくお腹が緩くなってしまうような方には軟水がおすすめです。

ウォーターサーバーの水の硬度

ウォーターサーバーで提供されている水には天然水とROろ過水の2種類があり、ミネラル分の多く含む天然水であっても大半は軟水です。高くても硬度70~80㎎程度の水が提供されています。