ウォーターサーバーの費用

毎月のお水費用

ウォーターサーバーのお水費用

毎月注文するお水の費用は、それぞれのウォーターサーバー会社や、お水の種類によっても異なってきます。ウォーターサーバー会社で提供するお水の種類には天然水とRO水の2種類あり、管理にコストのかかる天然水に比べてRO水の方が比較的安価な価格設定となっている為、どちらの種類を選ぶかによって大きく月の費用が変わってきます。また、天然水は採水地がどこなのか?また水に含まれるミネラル成分などによっても価格が異なる為、選ぶ天然水の種類によっても月の費用が大きく変わってきます。日本国内のものとしては富士山の地下水などが多くウォーターサーバー各社で取り扱っていますが、ハワイなどの海外のお水などもあり、特定地域のお水や海外のお水などは比較的高価な価格帯となっています。

お水の注文本数

お水にかかる費用の注意点として、レンタル料が無料のウォーターサーバーの場合、単にお水本体の価格のみならず、月の最低注文本数(ノルマ)が決められている為に、毎月のお水の費用が異なってきます。例えば月の最低注文本数が2本となっていた場合に、ウォーターサーバーレンタル代無料の代わりに必ず月に2本のお水を頼まなければならない為、毎月2本分のお水の費用が発生することになります。

配送料

各ウォーターサーバー会社では配送料無料としている場合が多く、大半はお水の配送に費用はかかりませんが、水の注文本数や、沖縄や離島など配送先の地域によっては、お水の配送に数百円程度の費用がかかる場合もあり、また1本から注文可能なウォーターサーバー会社の場合などは、1本だけの注文に配送料がかかる場合などもあるので注意が必要です。

ウォーターサーバー費用

レンタル代

ウォーターサーバーのレンタル代が無料の会社が最近は多くなっています。ウォーターサーバーレンタル代無料の代わりに、毎月のお水の最低注文本数が決まっていたり(ノルマと言われます)するケースも多い為、レンタル無料であっても毎月注文しなければならない本数やお水の価格なども含めて毎月の費用を考慮して下さい。またデザインされたインテリアとしてもお洒落なウォーターサーバーもあり、その場合、若干レンタル代が高かったり、レンタルでなく購入のみとなっているものもあります。

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーはその機種の性能によって電気代が大きく異なります。省エネ機能やエコモードが搭載されているかによって月額2~3倍(月額330円~1000円くらい)も電気代が異なるので、トータル費用で考えるときに必ずチェックすることをおすすめします。
ウォーターサーバーの電気代比較

メンテナンス費用

ウォーターサーバーのメンテナンスにおいては大半の会社が無料でメンテナンスを行っていますが、会社によってはメンテナンス費用がかかる場合がありますのでご注意下さい。

解約金

ウォーターサーバーを契約期間内に解約する場合には解約金が発生します。契約期間は各社によって異なりますが、1年未満の解約としている会社多く、半年と短い会社もあれば2年未満と長い契約期間となっている会社もあります。解約金は5,400円(税込)としている会社が多いですが、1万円以上の解約金がかかる会社もあります。ウォーターサーバーをどれくらいの期間利用するかにもよりますが、解約金が発生するような場合は、トータルの費用も変わってくるので念の為チェックしておいた方がいいでしょう。

⇒ウォーターサーバーの価格比較表