ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーとは、天然水やろ過された水の入ったボトルを設置して、温水や冷水を出すことができる給水・給湯機器で、元々飲食店や食堂などの業務用として使われていたのですが、ミネラルウォーターなどが普及し、家庭でもお水を買って飲むという習慣が出来たことなどもあり、家庭へも浸透してきました。特に東日本大震災以降、飲料水に対する安心・安全の高まりや、家庭内調理用などの生活水として需要が拡大し、また、備蓄用としての水需要が高まったことなどから、ウォーターサーバーの世帯普及率が拡大しています。
ウォーターサーバーのボトルは12Lなどの大容量ボトルを利用しますが、1L当たりの価格ではミネラルウォーターとほぼ同じか少し安いくらいの価格帯の為、わざわざ2Lペットボトルなどの重たい水を運ばなくても家庭に届けてもらえる為、消費量の多い家庭では導入している世帯も年々増えています。

ウォーターサーバーはレンタルが主流

ウォーターサーバーウォーターサーバーは、サーバー自体を買わなくとも現在ではレンタルが主流となっています。ウォーターサーバーを提供しているサービスの大半はレンタル代無料としている会社が多く、無料の代わりに月の水の最低注文本数が決められていたりします。レンタル代が必要な会社の場合は、月の最低注文本数などはない場合が多いです。


お水には天然水とROろ過水がある

ボトルウォーターサーバーで選べる水には、天然水とROろ過されたピュアウォーターの2種類があります。各社毎に水に特性がありますが、天然水に関してはほとんどが国内で採水された軟水で、日本人に合ったお水が提供されています。
⇒天然水とROろ過水の詳細についてはこちら


冷水と温水がいつでも飲める

吸水口お水は冷水と温水の両方が出るようになっており、ウォーターサーバーの機能として標準で装備されています。各社によって若干異なりますが、冷水は5℃前後、温水は85℃前後の温度に設定されており、冷蔵庫で冷やしたような冷たい水と、コーヒーやお茶用の温水がいつでも使えるので非常に便利です。