ウォーターサーバーランキング

 
ランキングNo.1

クリティア
コスモウォーター

業界最安の価格設定

天然水3種類とROろ過水から選べる水のバリエーション、電気代の安いエコサーバーが選べる人気のウォーターサーバー。

詳細はこちら

クリティアサーバー
ランキングNo.2

アクアクララ
アクアクララ

モンドセレクション優秀品質

モンドセレクション優秀品質最高金賞を3年連続(2012~14年)で獲得。世界的にも認められた美味しいお水を提供。

詳細はこちら

フレシャスサーバー
ランキングNo.3

コスモウォーター
コスモウォーター

天然水のウォーターサーバー売上No.1

迷ったらここを選んで間違いのない人気ブランド 人気の理由は「選べる天然水」と「らく楽サーバー」

詳細はこちら

コスモウォーターサーバー
⇒ランキング一覧

ウォーターサーバーの比較ポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際にはいくつかの比較ポイントがあります。レンタルするウォーターサーバー機種に関すること、選択できるお水の種類、レンタルシステムについてなどです。レンタルするサーバー自体も機種によって機能や性能が異なり、ファミリー向け、一人暮らし向けなどそれぞれライフスタイルに合わせた性能になっています。また、赤ちゃんがいる家庭などはお水の選択にも気を使われるかと思います。それぞれのライフスタイルに合わせて選べるように比較ポイントをまとめています。

 お水の種類は?天然水とRO水

ウォーターサーバーで提供されているお水には、大きく分けて天然水とROろ過水の2種類があります。天然水を提供しているウォーターサーバー会社が大半を占めますが、ミネラル分を含まない水を利用したい方向けにROろ過などを扱っているウォーターサーバー会社もあります。⇒もっと詳しく

お水の価格

お水の種類によって価格も大きく異なります。最も低価格なのはROろ過水ですが、天然水はそれぞれ含まれるミネラル成分が異なる為、RO水に比べると1.5倍~2倍近く価格が違っています。⇒もっと詳しく

赤ちゃんに最適な水

赤ちゃんに最適なウォーターサーバーとは?赤ちゃんは大人と違って胃腸の働きがまだまだ未熟な為、ミネラル成分を多く含む硬度の高いお水は胃腸に大きな負担を与えてしまいます。また粉ミルクは赤ちゃんに必要な量のミネラル分が計算して配合されていますので、ミネラルを多く含む水は赤ちゃんのお水として向いていません。ミルクや離乳食用など、硬度が低い赤ちゃんにも心配なく使えるウォーターサーバーのお水をピックアップしています。⇒もっと詳しく

 ウォーターサーバーの料金・価格

まずはお水の価格です。会社やお水の種類によっても価格が異なりますし、配送料金、レンタル費用、サーバーの電気代などによってもトータルの費用が異なってきます。レンタル料、メンテナンス料、配送料は無料ところが多いですが、反面、月の最低注文本数が決まっていたりと、細かい点で料金が発生したりするので、総額で比較する必要があります。⇒もっと詳しく
ウォーターサーバーの価格比較表 | ウォーターサーバーの電気代比較

 性能・デザイン性

各社毎にサーバーが機能が異なり、冷水、温水、ロック付き、スリムタイプなど好みに合わせて選んで下さい。またデザインを重視したインテリアとしても使えるサーバーもあり、各社毎にサーバーデザインが違うので比較して部屋のテイストに合わせて選ぶことが出来ます。⇒サーバーのタイプ

 レンタルシステム

ノルマの有無

大半のウォーターサーバーには毎月の水の最低注文本数が決まっています。一般的にノルマと言われるのですが、ノルマの決まっている場合サーバーのレンタル代が無料ですが、お水は定期配送となっているケースが多く、1週間~1ヶ月くらいの間隔での定期的にお水が届けられるシステムになっています。ノルマの無い場合はレンタルが有料となっていることが多いです。⇒ノルマなしのウォーターサーバー

ボトルの回収方法

ウォーターボトルの容器には、リターナブル方式(再利用)とワンウェイ方式(使い切り)の2つがあります。リターナブル方式では追加ボトルのお届け時に容器の回収を行う為、空のボトルを家で保管しておく必要がありますが、ワンウェイ方式は空になったボトルはそのまま廃棄することが出来ます。⇒もっと詳しく

ウォーターサーバーの解約違約金

ウォーターサーバーは契約期間内の解約には必ず解約時の手数料が発生します。注文時の利用規約を確認しても契約期間というものの記載がない場合がほとんどですが、解約に関する条項には○○年未満の解約の場合に必要な「サーバー引き取り手数料」の記載があるので、必ずチェックすることをおすすめします。⇒解約違約金について